ホーム > 用語集 > 50音順 > た

「 た行 」

宅配便

特別積み合せ運送事業の一形態で比較的小さな貨物を各戸に配送する個人、法人向けの運送便のことです。輸送システムは基本的に路線便と同じだが、単なる輸送のみではなく、クール便、期日、時間指定配送、代金決済サービスなどの提供もおこなわれています。料金は個建の地域別運賃です。

ページ先頭へ

棚卸

帳簿上記載のある在庫の数量と実際の在庫の数量との差異を把握するために、定期的に行われる実際の在庫数量を確認するための作業のことです。

ページ先頭へ

タリフ

運賃を算出する上で必要な運賃表データのことです。
物流業界では事業開設にあたり、その提供価格を運輸省に原価計算書と共に提出する必要があります。原価計算書を提出しない場合は運輸省が計算した標準運賃表をもとに事業を行うことができます。この「標準運賃表」に当るものをタリフと呼びます。
「標準運賃表」はトンキロ【重量×距離】で計算しており、2年に一度改訂され平均して5%程度の運賃アップがなされてます。

ページ先頭へ

中継料

主に混載便を使用した際に請求される費用のことです。

日本全国に荷物を配送するためには複数の物流企業間での荷物のリレー的な受け渡しが必要になる場合があります。その際にはトラックターミナルと呼ばれる中継地点で荷物の積み替えを行います。この時に発生する人件費が請求されます。これを避けるために、全国対応が出来る物流企業との契約を締結することで、コストや手間を抑えることが可能です。

ページ先頭へ

チャーター便

一般貨物運送事業のことで、トラックを借りきって特定の荷送人から貨物を受取り、積み替えなどをせずに、荷受人まで配送する運送便です。貸切便とも呼ばれます。チャーター便の特徴としては時間指定が可能、積み替えがないために破損事故が少ない、などがあります。

ページ先頭へ

注文点方式

在庫量がある量まで減少したら一定量を発注することで適正在庫を保つ方式のことで、発注点方式とも呼ばれます。一般的に比較的価格が低く、一定期間の使用量のバラツキが少ない場合に用いることが多いようです。

ページ先頭へ

通関

外国から入ってきた貨物は一旦、保税地域に入れられます。税関に輸入申告をして検査を受け、関税を納め許可がおります。その一連の流れを「通関」といいます。

ページ先頭へ

坪貸倉庫

倉庫を寄託契約ではなく、面積単位で賃貸借することから不動産の賃貸借契約にあたります。その為、倉庫業法の規制対象外です。

ページ先頭へ

定温倉庫

空調設備などにより温度を一定に保つ機能を有している倉庫です。定温倉庫の温度帯は10℃~20℃前後が一般的です。その他の温度帯の倉庫としては常温倉庫(温度は成り行き)冷蔵倉庫(0℃~10℃)冷凍倉庫(-18℃以下)があります。倉庫業法施行規則では10℃以下に維持する倉庫を冷蔵倉庫としています。

弊社では、城南島流通センターが定温倉庫です。

jounanjima-map.gif

 定温倉庫の詳細はこちら 

 定温倉庫のご案内  

ページ先頭へ

デッドストック(死蔵在庫)

売れ残り品、長期間倉庫に置かれていた商品を指します。アウトレット商品と類義語です。

ページ先頭へ

デバンオントラ

貨物を荷卸後(デバンニング後)に倉庫にて保管せずに、当日中に荷捌場よりトラックに積み込み出庫する形態のことです。
納品先がコンテナでの荷受が不可能な場合や、1コンテナ内に複数の納品先がある場合などに用いられます。

概略図

debanontora.gif

 

弊社では、城南島流通センターでお取扱しています。

 デバンオントラの詳細はこちら 

ページ先頭へ

デバンニング・バンニング

コンテナに詰め込む作業をバンニングといいます。反対に貨物をコンテナから降ろす作業のことをデバンニングといいます。

城南島流通センターで海上コンテナ荷役を取り扱っております。

 海上コンテナ荷役の詳細こちら 

ページ先頭へ

トータル ピッキング

伝票単位ではなく商品単位の合計数でピッキングする方法です。動線量を圧縮することができて効率的な作業が可能です。

ページ先頭へ

ドックレベラー

rebera-.gif

プラットフォームに設置し海上コンテナやトラックの荷台との段差、隙間を解消し、プラットフォームと直結させる為の荷役機器のことです。ドックレベラーによって、フォークリフトを使ったスムーズな荷役作業が可能です。

城南島流通センターには、ドックレベラーが8基常設しております。

ページ先頭へ

ドライコンテナ

身近な生活物資から工業製品・産業物資まで、大多数の一般貨物に幅広く利用されています。有蓋コンテナとも呼ばれています。例外品としては、液体、粉体、気体類など小型容器(ガスボンベ・ドラム缶・小型タンク類)などに小口に分割して詰め込むことのできない物資、専用の管理設備・機器が必要な要温度管理品、大物品、生物などがあげられます。

ページ先頭へ

トランクルーム

企業、または個人を対象にして、書類や家財、衣類等の物品を保管することを目的とした貸し倉庫のことです。

当社では、ゆとりくんサービスと名づけております。

ご利用の際の4つのポイント。

 

①預ける物品の内容を倉庫業者に正しく伝えましょう。
  倉庫業者はお客様からの情報をもとに、物品の特性に応じたトランクルーム施設や保管方法を選択します。
②料金の内容について確認しましょう。
  各々の倉庫業者はトランクルーム料金を独自に定めて、国土交通大臣に届け出るとともに、それを窓口に掲げていますので、必ず確認しましょう。
なお、お客様の自宅等から物品をトランクルームに運ぶ場合やトランクルームからご自宅等にお届けする場合には、別途、運送料金が必要です。
保険の内容について確認しましょう。
  倉庫業者のトランクルームでは、保管中の物品に火災保険が付保されます。
また、業者によっては、多くの場合、き損、盗難などによる被害もあわせてカバーする拡張担保特約が付保されます。
保険でカバーされる内容や金額については、倉庫業者に確認しましょう。
④契約内容を確認しましょう。
  倉庫業者の窓口には、必ずお客様との契約内容を定めた約款が掲げられています。

 

ページ先頭へ

トランクルーム 料金 品川 板橋

取次店

出版社と書店との間で本の流通業務を行う会社のことです。書籍は出版社→取次店→書店→読者というルートで流通します。取次店と書店の関係は問屋と小売店の関係に当ります。

弊社では、板橋営業所で書籍の流通加工を行っております。

ページ先頭へ

ドレージ

主に海外からコンテナで輸送されてきた荷物をデバンニングせずに直接目的地まで陸送する方法をさします。

ページ先頭へ

トラック

2トン車、4トン車、10トン車 など、総重量を表します。

 ・トラック(自重)+貨物(実重量)=総重量

トラックの場合、道路走行の車両総重量に対する規制があるため、車両総重量から自重を引いたものが貨物の最大積載重量です。

10トン車といって、10トン積めるものではありません。

形態にウィング車、 ユニック車(クレーン付) などがあります。

 

ページ先頭へ