ホーム > 用語集 > カテゴリ分類 > 貨物管理

貨物管理

欠品

客の注文した品がその場にないこと。品物がその店になく注文に応じられないこと。→品切れ

ページ先頭へ

在庫管理

納期遅延や、欠品の防止による顧客への注文から納入までのサービス向上とともに、それに伴う在庫費用、製造費用、輸送費用等のコスト削減を目的として行います。
在庫管理の手法として、定期発注方式、発注点方式、定量維持方式、定量定期発注方式などがあります。

web_pcscreen02[1].gif

 Web での在庫管理に関する詳細 

 Webシステム導入事例はこちら 


ページ先頭へ

先入れ先出し

保管物品の品質が長期滞留によって劣化することを防止するもので、その物品を取り出す場合、保管経過時間の長いものから順に行うことです。

ページ先頭へ

サードパーティ・ロジスティクス

荷主に対して物流改革を提案し、包括して物流業務を受託するサービスです。企業の流通機能全般を一括して請負うアウトソーシングサービス。

自らは物流業務を手がけない企業が、顧客の配送・在庫管理などの業務をプランニングや、システム構築などを含め長期間一括して請け負い、外部の物流業者などを使って業務を遂行します。

1st Party(荷主企業)と、2nd Party(物流企業)に対して、3rd Party(3PL企業)は利用運送業者を指します。

ロジスティクスサービスを荷主に対し、その立場に立って戦略的に提供する事業者を活用します 。

弊社ではトータルアウトソーシングも提案しています。

 トータルアウトソーシングの事例 

ページ先頭へ

サプライチェーン・マネージメント

小売から卸や物流、部品メーカーまでをネットワークで統合して、販売や生産、在庫などの情報を企業間で共有することで納期短縮や在庫削減につなげ、経営効率を一気に向上させる手法のことです。SCMと略称されるときもあります。

  サプライチェーン (部品の製造、部品を工場に運ぶ、部品を工場で組み立てて製品にする、製品を提供するという4つのプロセスを一貫管理することでこれをサプライ(供給)チェーン(連鎖)と呼びます。この4つは同一企業内の組織であるケースもあれば一部を外部委託する場合もあります。 )

ページ先頭へ

ISO

国際標準化機構のことです。工業・農業産品の標準的品質保証規格を制定している国際機関です。特徴として継続審査があり、取得後のレベル維持が高度に要求されます。

日本では「アイエスオー」と呼ばれることがありますが、正しくはラテン語の"等しい"の意味をもつ「イゾ」と呼びます。

ISO9000シリーズは品質管理に関する国際規格。
ISO14000シリーズは環境に関する国際規格。

ページ先頭へ

ISO9000

国際規格認証機構(ISO)が1987年に発行した品質マネジメント規格です。
ISO9001(品質マネジメントシステム規格)が認証登録制度となっています。

製品やサービスそのものではなく、製造や作業工程に関する規格。責任と権限の明確化により社内業務のシステム化や標準化を達成することを特徴とし、認定取得後の継続的な審査では常に品質レベルの維持が求められます。

例えば、高度な品質が要求される半導体製造に関しては、ひとつ一つの製品の品質規格を満たすためには、クリーンルームのような製造工程そのものを管理していくことが求められます。

ISO9001、ISO9002
設計管理が要求項目に入る9001は製造業が、物流業者をはじめとするサービス業は9002を取得する例が多くみられます。

ページ先頭へ