ホーム > 用語集 > カテゴリ分類 > 流通加工

流通加工

アウトレット

本来は水や煙などの排出口をあらわす言葉で、この場合は「工場から直接出てきたもの(ファクトリー・アウトレット)」を意味します。 日本では、アウトレット=中古品、そして、アウトレット=展示品、規格外商品としても使われていました。

もともとアメリカの流通業界において、ブランド・メーカーの衣料品やアクセサリーなどの流行遅れ商品や、通販のクーリングオフ品、実用上は問題のない欠格品(いわゆる「半端もの」「訳あり品」「棚ずれ品」など)を処分するために、工場や倉庫の一角に「アウトレットストア」と呼ばれる在庫処分店舗が存在していました。これが転じて、複数メーカーの直販店舗を一堂に集め(モール化)したものをアウトレットモールと呼ぶようになりました。 多数のブランドや業種を揃えた利便性で購入者の選択幅をモール全体として提供しています。

アウトレット店舗には、メーカーなどが自社企画品や自社生産品の直接販売を行う「ファクトリー・アウトレット」と、小売店がメーカーから仕入れた在庫品を販売する「リテール・アウトレット」の2種類があります。「ファクトリー・アウトレット」では通常、販売するブランド名を掲示しメーカー直販を明示しています。

ページ先頭へ

クーリングオフ

訪問販売や電話勧誘販売など特定の取引方法で契約した場合に、いったん申し込みや契約をした後でも一定の条件を満たせば、消費者が一方的に契約をやめることができる制度です。

ページ先頭へ

研磨

書籍の流通加工作業の一種で、手垢、日焼けなどで汚れた書籍の三方を研磨機で削り、新品再生させる作業です。

 書籍改装に関する詳細はこちら 

ページ先頭へ

サプライチェーン・マネージメント

小売から卸や物流、部品メーカーまでをネットワークで統合して、販売や生産、在庫などの情報を企業間で共有することで納期短縮や在庫削減につなげ、経営効率を一気に向上させる手法のことです。SCMと略称されるときもあります。

  サプライチェーン (部品の製造、部品を工場に運ぶ、部品を工場で組み立てて製品にする、製品を提供するという4つのプロセスを一貫管理することでこれをサプライ(供給)チェーン(連鎖)と呼びます。この4つは同一企業内の組織であるケースもあれば一部を外部委託する場合もあります。 )

ページ先頭へ

産業廃棄物

燃え殻・汚泥・廃油等、事業活動に伴って生じた廃棄物で、法令において定められております。
産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性など、人の健康、または、生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有する廃棄物を特別産業廃棄物といいます。

 

ページ先頭へ

書籍改装

書籍は店頭に並び、様々なお客様の手に取られ、又は経年劣化により書籍本体だけではなく、カバー、帯、スリップなどもが汚れてきます。そのような書籍の研磨・カバー掛け替え・帯・スリップ替えを行い、再生させる作業です。

syosekikaisou.jpg

 書籍改装に関する詳細 

 書籍改装の導入事例 

ページ先頭へ

スリップ

書籍の間に挟む短冊型の売上カードのことです。また、このスリップは出版社への追加注文伝票を兼ねていて、短冊とも呼ばれます。売れた本を補充するためと、どの様な本が売れたかを集計するための2通りの役割があります。

 書籍改装に関する詳細 

ページ先頭へ

注文点方式

在庫量がある量まで減少したら一定量を発注することで適正在庫を保つ方式のことで、発注点方式とも呼ばれます。一般的に比較的価格が低く、一定期間の使用量のバラツキが少ない場合に用いることが多いようです。

ページ先頭へ

取次店

出版社と書店との間で本の流通業務を行う会社のことです。書籍は出版社→取次店→書店→読者というルートで流通します。取次店と書店の関係は問屋と小売店の関係に当ります。

弊社では、板橋営業所で書籍の流通加工を行っております。

ページ先頭へ

保険

偶然に発生する事故(保険事故)によって生じる財産上の損失に備えて、多数の者が金銭(保険料)を出し合い、その資金によって事故が発生した者に、金銭(保険金)を給付する制度。

ページ先頭へ

マニフェスト

船積みされている貨物の明細書のことで、船会社が船積み完了後に船荷証券に基づいて作成し仕向地へ送付します。
また、産業廃棄物の処理の流れを追跡把握することを目的として産業廃棄物を処分業者に運搬する場合に使用する「産業廃棄物管理票」についてもマニフェストと呼びます。

ページ先頭へ

リサイクル法

「再生資源の利用の促進に関する法律」の通称です。
資源の有効利用と廃棄物の発生抑制による環境保全対策を関連する企業自体が講じることが目的とされています。

  ・国土交通省 建築リサイクル法
  

  ・農林水産省 食品リサイクル法
 

  ・財団法人 自動車リサイクル促進センター

ページ先頭へ

リードタイム

企画→発注→生産→商品の到着までにかかった時間のことで、通常は日数で示します。元は、トヨタ自動車で使われてた和製英語が発祥と言われています。

リードタイムの工程は業種によって異なります。例えば物流の場合は、出荷から商品の到着をリードタイムとするケースがあります。製造業の場合は発注から製造までがリードタイムとして考えられます。

ページ先頭へ

流通加工

流通の段階にて製品に手を加えて付加価値を付ける作業のことです。加工作業は主に倉庫内で行われ、包装、封入、検針、ラベル貼り、値札付け、セット組みなどの様々な作業があります。

弊社でも、さまざまな流通加工を行っております。

 流通加工のページはこちら 

ページ先頭へ

ロジスティクス

市場の動きに合わせて生産や仕入活動を行うマネジメントのことで、ロジスティクスと似た概念にサプライチェーン・マネージメントがありますが、物流業界では、ロジスティクスの方が馴染み深いでしょう。

ロジスティクスは元々、軍事用語で、兵員・兵器・弾薬・食料・衣類・医薬品など作戦に必要となる資源を作戦計画に従って必要量を計算し、計画、確保、管理、補給する活動をいいます。
これを現在の物流業務に置き換えると、顧客の要求に適合させるために商品、サービスとそれに関連する情報の発生地点から消費地点に至るまでの効率的、効果的なフローと保管を、計画、実施、統制することです。

ページ先頭へ

ISO

国際標準化機構のことです。工業・農業産品の標準的品質保証規格を制定している国際機関です。特徴として継続審査があり、取得後のレベル維持が高度に要求されます。

日本では「アイエスオー」と呼ばれることがありますが、正しくはラテン語の"等しい"の意味をもつ「イゾ」と呼びます。

ISO9000シリーズは品質管理に関する国際規格。
ISO14000シリーズは環境に関する国際規格。

ページ先頭へ

ISO9000

国際規格認証機構(ISO)が1987年に発行した品質マネジメント規格です。
ISO9001(品質マネジメントシステム規格)が認証登録制度となっています。

製品やサービスそのものではなく、製造や作業工程に関する規格。責任と権限の明確化により社内業務のシステム化や標準化を達成することを特徴とし、認定取得後の継続的な審査では常に品質レベルの維持が求められます。

例えば、高度な品質が要求される半導体製造に関しては、ひとつ一つの製品の品質規格を満たすためには、クリーンルームのような製造工程そのものを管理していくことが求められます。

ISO9001、ISO9002
設計管理が要求項目に入る9001は製造業が、物流業者をはじめとするサービス業は9002を取得する例が多くみられます。

ページ先頭へ

Jan code

日本で使われている標準的な商品コードです。1976年にPOSシンボルマーク標準化委員会が作成し、1978年に日本工業規格として共通商品用のバーコード・シンボルが認定されました。

JANコードで使われるバーコードは、製造元や商品を示す13桁の数字を示します。商品コードは自社製品に自由に割り振ることができ、製造元となる企業は通産省の外郭団体であるシステム開発センターに登録を申請します。

ページ先頭へ

RFID

自動認識技術のひとつです。ICを組み込んだプレートや、タグを物や場所に取り付けることで、そのものの判別や位置確認が可能となります。非接触型でデータの読み書き、更新ができるという特質があり、最近、急速に発展しています。

物流上の利点としては、荷物を移動させたままコードを認識させることができるため処理速度があがるなどのメリットがあり、港湾からのコンテナ出荷時の情報伝達などで飛躍的な時間短縮効果が実証されています。

RFIDの代表と言えば、「Suica」や「PASSMO」などがあります。

ページ先頭へ