おやつの時間 平社員ブログ

ホーム > おやつの時間 平社員ブログ > 2014年11月 > 2014年社員旅行記~前編~

投稿者: ブログ管理者_1

2014年11月21日

2014年社員旅行記~前編~

北海道はでっかいどう!!

こんにちは!総務部 冥賀です。

一年ぶりのご無沙汰です。
今年もこの時期がやって参りました。
そう、社員旅行記の季節です。

この社員旅行記を書き始めて早6年・・・色々な書き出しを試してきた結果。。。

万策つきました!

そんなわけで、もったいぶらなければいけないはずの行き先を最初にお伝えするという、
新感覚な書きだしを採用させて頂きました。

今年もお付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

と、いっても今年の社員旅行はいつもとは少し変わった趣きです。
何を隠しましょうか、三信倉庫はまもなく創立60周年を迎えます。
その60周年旅行につき、今年はいつもの年よりも遠く、そしてリッチな旅を企画させて頂きました。

三信倉庫では、10年毎に周年旅行としてちょっと特別な社員旅行を開催しています。
そんなリッチな旅行でも、例年通り会社が連れて行ってくれますので、自腹持ち出しは無しです。
んー、素晴らしい。

今回の旅行のテーマは『満喫!初冬の北海道グルメ~ありのままでいいのー♪~』。
流行語をくっつけようとしたらなんか、微妙なツアータイトルになりましたが、
まあ、おーけーでしょう。
ちなみに日程は2014年11月8日(土)~11月9日(日)の1泊2日にての開催であります。

今回の旅はやはり食!1泊2日の日程でどれだけ食べられるか!をテーマに行程を組んでいます。
読者の皆様にもそんな部分を注意しながら読んで頂ければ光栄です。

まずは、スタート地点。
三信倉庫ではあまり利用しませんが羽田空港に集合です。
今回は会社のリスクヘッジとして、JAL・ANA、両航空会社での移動です。
まずは、そちらの様子を。

2014年社員旅行①

 

左がJAL組、右がANA組。
とりあえず、JAL組のほうから"やさぐれ感"を感じないこともないですが、
0次会ってやつでしょう。こんなところからも社員たちの旅行への意気込みが伝わると思っております。

北海道到着後は新千歳空港より一路小樽へ!
こちらで昼食です。
北海道一発目の食事は『お寿司』、いわゆるシースーです。
ベタでもなんでも、ここは外せません。
お世話になったお店は小樽の有名店『しかま』さん
団体利用にも関わらず、落ち着いた席で思う存分お寿司を楽しめました。

2014年社員旅行②

 

お寿司の感想としては当然ですが、激ウマ。
なかでも、サーモンとホタテについては個人的な感想ですが、"人生一"来ました!
初潜入の北海道の実力を、序盤から思い知ることになったわけです。

旨いお寿司を堪能したあとは小樽の観光です。
この時間も実は大変重要!

なぜなら、お腹を減らさないと次のグルメを楽しく味わえない!!
そんなこんなで、本気の街歩きです。
とか言っているそばから、小樽はスウィーツの街なのです。
『ルタオ』さん、『六花亭』さん、『花畑牧場』さん全国に名前を轟かすお店が軒を連ねておりまして
店員さんが試食を持って店頭に立っているわけです!

2014年社員旅行③

 

ふと気づけば、お店でコーヒー飲みながらシュークリーム食べてました。
街歩き、意味なし!!

その後も、なぜ小樽に!?『武将館』にて合戦してみたり、
これぞ北海道『花咲ガニ売り場』を見物したり、
北一ガラスにて地酒とガラスの相性を再確認したり、
と小樽を満喫しまくれました。

2014年社員旅行④

 

ちなみに、小樽では2グループに別れておりまして、
片方のグループは『旧青山別邸』、通称「鰊御殿」の見学に向かっており
「素晴らしかった」との感想を耳にしました。

そうなんです、今回の社員旅行たびたび、2グループに別れるという参加者選択型をとっております。
通常の団体旅行ですとコースを分けるのはご法度の場合が多いのですが、
今回は旅行会社さんの尽力のおかげでプランを作ることができました。

ツアータイトル副題「ありのままでいいのー♪」はこんな所にかかっているんですよ、これが。

旅行会社さんとともに、総務の頑張りをさりげなく社内にアピールしましたが、
弊社社員に伝わっているでしょうか?

というわけですが、書くことが沢山ありすぎて前編終了です。
これは前・後編で終わる気が微塵もしません。

なにせ、最初の観光地にて前編が終わりましたから。
まさかの3部制も考えつつ、気長に読んで頂ければと思っておりますー。

 

⇒ 2014年社員旅行記~中編~

⇒ 2014年社員旅行記~後編~

カテゴリー: 企業活動本社

日時: 2014年11月21日 09:47 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント