ホーム > 大竹広明の目 > 2012年1月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2012年1月」一覧

2012年01月24日

鉄道員

昨日は東京でも雪が積もりました。今朝、鉄道駅のプラットホームでは白線から外に白い粉末がまかれていました。きっと凍結防止剤でしょう。夜のうちに駅員が事故防止のためまいてくれたのでしょう。

線路の上に雪が積もらないように、夜通し運転した区間もあると思います。ポイントが凍結しないようにカンテラで温めた駅員もたくさんいたでしょう。多くの鉄道員が家に帰らないで徹夜で安全確保に尽くされたことでしょう。

このような大変な努力のおかげで、今日は平穏に通勤することができました。

こんな鉄道員のご苦労を知っていたら、列車妨害や故意の人為的事故など決して起こせないはずなのですが。

      大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2012年01月24日 08:32 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年01月17日

機内預け荷物の不思議

路線、航空会社、座席クラスによって差異はあるものの、標準的に機内預け荷物の重量は20kgと決まっている。空気中を飛ぶ物体をできるだけ軽くするのが大きな目的なのだろう。

私は体重60㎏にも満たない、いわば軽量級。仮に100kgを超える人も機内預けの重量制限は平等に20kg。体重と合計すると80対120。乗客の体重は見逃すのに、荷物の重量オーバーに目くじらを立てることに違和感を覚えるのです。

運搬に携わる人たちの労働負荷を考慮するのであれば、一つのスーツケースあたり20kg以内にして、乗客の体重に応じた個数を認めてくれてもよいと思うのですが、いかがでしょうか。

        大竹広明

 

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2012年01月17日 15:06 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年01月11日

郵便料金の不思議

米国からDMが届きました。差出人は外資と言えども日本法人の事務所から。国内郵便で出せばいいものをなぜそんな手間がかかることをしたのだろう。

理由はすぐわかりました。国内の封書は定形郵便ならば80円です。しかし米国からエアメールで投函すると84セント。1ドル77円で換算すると、65円です。大量に郵送する場合はお得ですよね。

でも海外から飛行機を使って配達する方が国内よりも安いなんて・・・不思議です。

なお5月14日からは米国の郵便料金が値上がりし90セントになるようですが、これでもお得です。

         大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2012年01月11日 13:10 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年01月05日

駅伝

正月の風物詩になった感のある箱根駅伝。家の近くを通るので毎年応援に出かける。今年は差がついてしまったが復路応援に孫と出かけた。

先導のパトカー、間があって白バイ、やがて沿道の「来た来た」の声とともに、放送車に見え隠れして先頭ランナーが走ってくる。観衆は小旗を振りながら「ガンバレーガンバレー」と励ます。出身校であろうとなかろうと、どの選手にも同じように、大きな声で応援する。中継点が近いので「もう少しだぞ」との声も混じる。観客も選手も一体になってあたりは温かい空気に包まれる。

こんな思いやり、励まし合い、一体感があればこの国は大丈夫だ。

          大竹広明

カテゴリー: スポーツ

投稿者: president | 2012年01月05日 11:54 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)