ホーム > 大竹広明の目 > 2012年3月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2012年3月」一覧

2012年03月30日

一方通行

お巡りさんが自転車に乗って、一方通行路を逆走しているのを見かけました。狭い歩道をのんびり自転車に乗っているお巡りさんは時々見かけますが、一方通行路の逆走は初めてです。

倫理観のない先生が生徒の信頼を失うがごとく、法規を守るべき(守らせるべき)警官が道路交通法を破ってしまえば、指導も迫力を欠くことになるでしょう。

道路交通法では、パトカーが緊急時に制限速度を超えて走行することを認めていますが、自転車にも同じような定めがあったのかしらん。

        大竹広明

 

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2012年03月30日 16:48 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年03月22日

選手宣誓

選抜高校野球が開幕しました。昨晩テレビニュースで選手宣誓を見て思わず拍手を送ってしまいました。選手宣誓のくじを引き当てたのが被災地の石巻工業だったのもドラマでしたが、文章、話し方、姿勢すべてに完璧な宣誓でした。こんな若者がいれば復興も日本の未来も明るいと思わせるものでした。

以下全文を掲載します。 

 

宣誓。東日本大震災から一年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には、苦しくて心の整理がつかず、今も、当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。

 人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。

 しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。

 だからこそ、日本中に届けましょう。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を。

 我々、高校球児ができること、それは、全力で戦い抜き、最後まで諦めないことです。今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。

 平成24年3月21日、選手代表、宮城県石巻工業高等学校野球部主将、阿部翔人

カテゴリー: スポーツ

投稿者: president | 2012年03月22日 08:32 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年03月21日

宗教的差別

大道芸人であり数学者の、ハンガリーのピーターフランケルさんが日経の夕刊コラムに書いている。

彼のお祖父さんもご両親もユダヤ人という理由で迫害されてきた。彼が日本に定住するようになった理由は、日本では特定の宗教を絶対視しそれを信じない人は差別することがなく、神道、仏教、キリスト教などなんでも受け入れる寛容さが素晴らしいと書いている。

日本人には当たり前のことだが、差別を受けた外国人には偏見のない国と映るようだ。人々の心、風土、文化を評価して、日本国籍を獲得したドナルドキーンさんもいる。

我々はこの国の素晴らしさを再認識して、誇りを持って世界に発信すべきだ。

       大竹広明

カテゴリー: 生き方

投稿者: president | 2012年03月21日 08:51 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年03月15日

優先席

私は65歳、白髪で電車の優先席に座ってもおかしくないほどの風采になりました。昨日、会社の帰りに電車に乗ったら、たまたま優先席が空いていたのでそこに腰かけました。

途中の駅で白いつえを持った目の不自由な男性が乗り込んできました。私の隣に座っていた若い女性が腰を浮かせて席を譲ろうとしましたが、白杖の男性は優先席と反対側へ行ってしまったので、女性はまた座りなおしました。

次の駅で隣の女性が降車しました。前に立っていたサラリーマン風の男性が空いた椅子に鞄を置いて席を確保してから、白杖の男性を呼びに行き優先席に座らせました。

私はといえば電車を降りるとき白杖の男性の耳元で「お気をつけて」と言うだけしかできませんでした。

       大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2012年03月15日 10:49 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)