ホーム > 大竹広明の目 > 2012年8月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2012年8月」一覧

2012年08月28日

歴史は繰り返す?

水上滝太郎の「銀座復興」という小説を読んでいます。なかで登場人物が次のようなセリフをはきます。

「ええか。ローマはなぜ滅びた。奢侈淫卑不道徳の結果だ。すなわち天が人間の増長慢を罰したのだ。不幸にして我国の現在はローマの末期だ。政治家も腐敗しとる。実業家も腐っとる。あきんどは欲ばかりかく。若い人は惰弱になり、女どもは洋妾(ラシャメン)の真似をして得々たるものがある。外来の悪思想にかぶれた青年は、髪を長く延ばしてロシアを謳歌する。アメリカの役者の真似をする。胸糞が悪くて見ていられん。強健質実の美風は地を払った。心ある者は常に憂いていたが、天も見るに見かねたとみえて・・・。」

これは関東大震災直後、東京が天罰を受けたと嘆く人の独白ですが、どうですか、今の時代にも同じように嘆く人がいるのではありませんか。ご存知の通り東京は見事に復興し、今日の日本を築いたわけですが、いつの時代にもその時代の社会状況を憂う人はいるので、特に現在の日本の風潮を心配することはないと思う反面、少し気になることもあります。

それは我国はこの後、他国からの締め付けに抗するために戦争に突き進んでしまったからです。平和憲法の下、日本が戦火を交えることはないと思うものの、昨今の境界争いなどを考えるといささか気にはなるものではあります。

       大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2012年08月28日 11:37 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年08月24日

パラリンピック

オリンピックが終了し、パラリンピックが始まる。オリンピックでの獲得メダル数は国力に比例するという意見があるが、私は必ずしも賛同しない。国威発揚のため、有望種目に重点的に資金や人を配分して好成績を残す国もあるからである。

パラリンピックはどうだろう。選手は身体のどこかが不自由でありながら、与えられた身体能力を精一杯発揮して世界レベルまで上り詰めた人たちだ。そんな選手をサポートする社会基盤や、支える人たちの総合的な力が必要だ。オリンピックほどの話題にはならないが、これこそが国力の反映に他ならないと思うがいかがだろうか。

代表選手の大いなる健闘をお祈りする。

          大竹広明

カテゴリー: スポーツ

投稿者: president | 2012年08月24日 08:03 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年08月13日

夜中の物音

シーンと寝静まった夜中。かすかにカナカナカナとゼンマイがほぐれていくような音がする。よおく耳をすませて聞くと、セミの独り言のように聞こえた。7年も地中にいて、やっと出てきた地上で残り少ない命を真夜中にも紡いでいるのだろうか。

夜が明けるとともに一斉にセミの鳴き声が始まる。そういえば今年は特に騒がしい。きっとセミの当たり年なのだろう。

昨年はその鳴き声が少なくて、放射能の影響だと一部騒いだ人がいたけれど、セミの当たり年は7年周期で発生するだけのことで、大騒ぎすることはないのだろう。

       大竹広明

カテゴリー: 家事

投稿者: president | 2012年08月13日 15:44 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年08月13日

横田滋写真展

高島屋で開催の横田滋写真展を見てきました。北朝鮮に拉致された横田めぐみさんのお父さんが撮りためた写真や思い出の品を公開するものです。

旅先からめぐみさんが家族にあてた年賀状には「たくやくん てつやくん おとうさん おかあさん はやくかえるから まっててね」と書いてあります。これを読んで涙を流さない、人の親はいないでしょう。

人殺しは重い罪なのに、戦争での殺戮はとがめられないどころか、英雄になることもある。誘拐も大層な犯罪なのに、国家が行うと取り戻すことも捜査すらできない。

何とも不条理な話です。

       大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2012年08月13日 12:40 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年08月06日

金メダル

オリンピックで日本人の活躍が毎日伝えられている。しかし銀、銅に比べて金メダルが伸び悩んでいる。

でも悲観することはないだろう。日本選手の団体種目での成績は目を見張るものだ。アーチェリー、バドミントン、卓球、体操、水泳メドレーリレー、フェンシング・・・。そして男女サッカー、バレーボール。

個人種目は一人の秀でた能力の人がいれば金メダルを獲得できるのに対して、団体種目は選手層の厚さがあってこそ。

でもやっぱり金が欲しいなあ。

大竹広明

カテゴリー: スポーツ

投稿者: president | 2012年08月06日 08:13 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)