ホーム > 大竹広明の目 > 2012年10月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2012年10月」一覧

2012年10月26日

テレビ番組

ここで問題。次にあげるテレビ番組で共通するものはなんでしょう。

「テレビチャンピオン」「いい旅夢気分」「アド街ック天国」「和風総本家」「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」「開運なんでも鑑定団」「空から日本を見てみよう」

正解は、関東圏でテレビ東京から放映されている、あるいはされていた番組です。それ以外にこれらの番組に共通するものは・・・タレントをたくさん使わないので製作費を安く抑えることが想像できます。タレントの話術に頼らないのでその分、事前の取材や準備に知恵と労力をかけなければならないのですが。

一部"やらせ"もあるかもしれませんが、視聴者が参加する企画もあり、総じて日本再発見のテーマを追求しているようにも感じます。

お金をかけるよりも、知恵と労力を惜しまなければ、こんなユニークな番組作りをすることができるのだと思っています。

        大竹広明

カテゴリー: 報道

投稿者: president | 2012年10月26日 09:15 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日

ジョギングカップル

歩道をジョギングしているカップルを見かけました。ピンク、空色、黄色、カラフルな揃いのジョギングスーツ。赤信号で立ち止まりました。

その信号は歩行者専用で道路幅は約5メートル。一方通行で自動車もやってこない。こんな場合赤信号を無視してわたってしまう人が多いのに、そのカップルは青信号まで待って、再び走り出しました。こんな人、僕大好きです。

赤信号でも安全ならば道路を渡る人をフランス型、自動車が来なくても信号を守る人をドイツ型と分類する人がいます。僕は完全にドイツ型です。

自分たちで作ったルールは自分たちが守る。それが大きな理由です。

おかげで一緒に外出する社員には不便をかけていますが・・・。

          大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2012年10月22日 09:10 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日

きれいになった日本

日本の街がとてもきれいになりました。道に吸い殻や紙屑、空き缶を見かけなくなり、たまに汚れていてもどなたかがすぐ掃除してくれます。10年前を考えてみてください。駅のホーム、線路の砂利、道端にはいたるところ煙草の吸殻が落ちていました。

トイレもきれいになりました。特に公園のトイレは以前と比べると様変わりです。よく企業や学校のトイレはその会社や学校の質を表わす尺度だと言われますが、きれいなことが当たり前になった感があります。

私は行ったことがありませんが、シンガポールはゴミ一つ落ちていないそうです。ごみを落とした人には罰金が課せられるからでしょうか。翻って日本には罰則がなくとも国民の自主性でここまできれいな街を作ってきました。

街の清潔さだけではありません。我国は変化にとんだ四季があり、豊かな自然がはぐくんだ素晴らしい風景があります。加えて日本人は総じてやさしいと言われます。

綺麗で美しい国には人が集まります。こんな日本にどんどん外国の方が訪れていただけるように願っています。

            大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2012年10月18日 13:59 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日

山中さんと村上さん

ノーベル生理医学賞を山中教授が受賞した。続いて期待された文学賞には有力候補と言われていた村上春樹さんが漏れてしまった。

生理医学賞の発表の日、テレビの番組表では個人名は出さずに「日本人受賞なるか」の類の表示だったのに対して、文学賞の発表日の番組表では、「村上春樹氏受賞なるか」と個人名を打ち出して掲載していた。それだけ村上氏の受賞に確信を持っていたのだろう。

これが村上さんのお立場になってみたらどうだろう。ご自身ではそれほどと思っていなくても、あれだけマスコミに騒がれては、「今年は行けるかもしれないな」と内心では思っていたことだろう。

ノーベル賞の決定は秘密会議で事前に誰もが知ることはできない。いろいろな機関が予想をしてマスコミがそれらの材料をもとに事前報道をする。発表されてからの報道でも決して遅くはない。受賞決定前にはそっとしておいてほしいと思う。

来年またはその先に村上氏が受賞の栄に浴することになるかもしれないが、その時には山中教授のように謙虚に理性的にそして淡々と会見する様を見てみたいと思う。

      大竹広明

カテゴリー: 報道

投稿者: president | 2012年10月12日 10:43 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)