ホーム > 大竹広明の目 > 2012年11月 > 行列ができるお店

会長ブログ「大竹広明の目」

2012年11月01日

行列ができるお店

毎朝通勤時に行列をしている店の前を通る。実際にその店に入った人に聞くと、それほどおいしいわけではないという。どうやら情報誌やネットの評判で並ぶ人が多いようだ。

こういった評判はお店側がお金を払ってランキングを上げてもらっていると聞いたことがあるが、自分で確かめたわけでもないので、真偽のほどはわからない。

日本は大量生産、大量消費の時代が終わって、個々人の自主的判断で消費する時代になった。人の好みは千差万別、自分で見て、聞いて、触れて、味わって、初めてその価値を認める、個性尊重の時代がやってきたはずなのに。

        大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2012年11月01日 09:52 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)