ホーム > 大竹広明の目 > 2013年4月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2013年4月」一覧

2013年04月25日

フランス国

今朝の京浜東北線はフランス国一色で塗りつぶされていた。

ルーブル美術館展を初めとしたフランスの紹介で、中吊り、網棚上のポスターから車内ビデオに至るまで、それこそジャックされていた。外務省かフランス大使館の肝いりだろうか。

3.11以来途絶えていた外国人観光客もやっと震災前の水準に戻り、今後さらに多くの来日が期待される。

フランスでは年間に人口以上の観光客が訪れるという。

我国もフランスに劣らないほど魅力的な国だ。四季折々の自然景観、歴史的建造物、伝統文化、それに温泉まで世界に誇る観光資源が沢山ある。

フランスと比べて陸路で国境を超えることができない弱点はあるが、その代り海に囲まれていたことで独特の文化が育まれてきた。

英語力をみがき、外国人に対して「ようこそ」の姿勢が日常になれば、観光が経済発展の大きな柱になることは間違いない。

AU REVOIR!        大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2013年04月25日 07:59 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年04月22日

テレビ番組「大使館に泊まる」

昨日民放テレビで「大使館に泊まる」を見ました。二人のタレントがオランダとサウディアラビアの大使館に一泊させてもらうという企画です。両大使とも日本びいきで、オランダ大使は前任地のアフガニスタンから日本に赴任が決まった時、正直うれしかったそうです。治安や政治的問題から考えれば定年を迎える最後の赴任地としては最適だったのでしょうね。一方サイディアラビア大使は早稲田大学出身、ダジャレも日本語。故国の人は日本のことが大好きだそうです。理由は日本人は優しいからだとか。

普段は立ち入ることができない大使館や公邸内を見ることができ、とても楽しい企画でした。それぞれのお国柄を反映して、日本にいながら外国の風情が楽しめました。

寝起きの悪いお笑いタレントのマナーが少し気にはなりましたが。

      大竹広明

カテゴリー: 報道

投稿者: president | 2013年04月22日 08:45 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年04月09日

サモア航空快挙

機内預け荷物重量制限についてこの欄で触れたことがあるが、このたびサモア航空が前代未聞の搭乗料金の見直しを行った。

乗客の体重と預け荷物の合計重量で運賃を計算するとのこと。やっと合理的な運賃を取り入れる会社が出てきたわけだ。

サモア航空の場合は小型機だからなおさら必然性があったのかもしれないが、理屈は大型機でも同じ。

体重を測るのは特に女性に抵抗感があると思うので、せめて人と荷物が一緒に体重計に乗ってその結果で運賃を決めてもらえないだろうか。

     大竹広明

 

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2013年04月09日 11:59 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)