ホーム > 大竹広明の目 > 2013年8月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2013年8月」一覧

2013年08月28日

投票率

横浜市長選があり現職が安定した得票を得て再選を果たした。しかし確定投票率をみて唖然とした。29.05%。人気のテレビドラマ半沢直樹の視聴率より低い。

投票権は国民の権利ではあるが、私は義務でもあると思っている。

政治に対する意思表示をしない人には、政治批判はしてほしくない。

              大竹広明

カテゴリー: 政治

投稿者: president | 2013年08月28日 08:27 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年08月22日

歌を忘れたカナリア

"歌を忘れたカナリアは"という歌がありました。

近頃は"言葉を忘れた大人たち"が増えているような気がします。

ショルダーバッグやキャリーバッグがぶつかっても無言だったり、お店でサービスを受けてもむっつりだったり・・・。

どうして「ごめんなさい」とか「ありがとう」と言えないのでしょうか。言えば、人間関係も潤滑に回るような気がします。

私は? なるべく口に出すようにしていますが、足りない面もあるかもしれません。

これからも"裏のお山に捨て"られないようにがんばります。

        大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2013年08月22日 12:57 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年08月19日

品の研究

品が良いとか悪いとか言われる。一体品とはなんだろう。

自分流の解釈では、大多数の人が不快感を催す行為は品が悪いと理解している。人はそれぞれ個別の感情を持っているから品についての考え方は千差万別だろう。それこそTPOによって品の基準は変わってくる。

河原のバーベキューで立ち食いしても誰も品が悪いとは言わないが、きちんとしたレストランでふらふら歩きながら食べていると、嫌がられる。

開発途上の地域で半裸で生活していても誰も文句は言わないが、文明国で裸になれば眉をひそめられる。

セーヌ川畔で男女が抱き合っていても誰も何とも言わないが、山手線の中でやってしまうと品がないと言われる。

ことほど左様に人間が社会生活を営んでいるところで場違いの行為をすると、品がないと言われるのである。

自分が育った時代の規範は容易な事では払拭できない。世代間の差異はこんなところにも表れていて、いつの時代でも年寄りと若者の不理解の原因になっているのかもしれない。

        大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2013年08月19日 09:34 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年08月16日

これゴミ箱?

街でよく見かける風景。置きっぱなしの自転車の荷台籠にペットボトルや空き缶が捨てられている。一本捨てるとみんなが真似するのだろう。たいていの籠はこれらのごみで一杯になっている。

捨てる人の気持ちを推測すると・・・「迷惑な駐輪をしているのだから制裁のひとつだ」「道路に捨てるよりはまだましだろう」などの言い訳が聞こえそう。

一方、自転車の持ち主はこれらのごみをどう処置するのだろう。

いずれにしろ感心しない風景ではある。

      大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2013年08月16日 10:07 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年08月12日

猛暑

「暑い~」とか「アヂー」とかなるべく言わないようにしている。こんな言葉を発して涼しくなるのであれば何万回でも叫ぶのだが、こんな言葉は却って聞く人に暑さを思い出させるだけだ。

ここ数日東京地方は厳しい暑さが続いている。就寝時、クーラーを切って寝るのが習慣だが、ここのところ朝まで弱くつけている。昼間熱せられた室内はクーラーをつけてもなかなかさめず、布団まで熱気を持って寝返りを打つと却って熱くなる状態だ。

あと10日ぐらいはこんな暑さが続きそうだが、無駄なエネルギーは使わずに自然に抗わずに生きていきたいと思っている。

      大竹広明

カテゴリー: 生き方

投稿者: president | 2013年08月12日 13:16 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)