ホーム > 大竹広明の目 > 2013年10月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2013年10月」一覧

2013年10月17日

行列

昨日は台風26号が首都圏の通勤時間に直撃。公共交通機関利用の多くの人が影響を被った。

私も最寄駅で不通となった電車の開通を待っていたのだが、すでにホームに入っている電車にはたくさんの人が乗っている。電車に乗りきれない人はホームで2列になって並んでいる。

どれぐらい待っただろう。やっと運行再開のアナウンスがあり、私は列の最後尾に並んだ。次に来た電車では乗れきれずに、そのまた次の電車を待つ。

並んでいる人たちは列は崩さずに、前の人から順序良く電車に乗り込む。もう一杯と思うところで前列の人は次の電車を待つ。急ぐ人は列の後ろからパラリパラリとあいているドアの間隙に身を収める。並んでいる人は誰も文句は言わない。

これらの行為が、あたかも訓練されたように整然と行われる。

こんな光景、3.11の被災者が救援物資の配給を受けるために列を作り、秩序だっていたことに、外国人から「ありえない風景だ」と称賛を浴びたのは記憶に新しい。

昨日の場面も外国人が見たら、また驚きをもって受け取られるのだろう。

    大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2013年10月17日 14:21 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月04日

ネクタイ

一昔前は真夏でもネクタイをしていたサラリーマンが多かったが、クールビズの浸透で夏場のネクタイ姿はほとんど見かけなくなった。

クールビズの期間がいつ終わるのだろうか。8月か、せいぜい9月一杯だろうと思っていたのだが、今日は涼しいにもかかわらず、街でサラリーマンのネクタイ姿はほとんど見ない。

もともとは胸元のおしゃれで発生したものだから、なくても不都合はないのだけれども、ネクタイ業界の人たちは大変だろうなあ。

         大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2013年10月04日 13:54 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月03日

自転車事故

友人が自転車と接触して転倒、足にひびが入った。幸い34日の安静で済んだが、改めて自転車の事故には充分注意したい。

幹線道路の歩道を歩いていたら、脇道から猛スピードで出てきた自転車が、出会いがしらに友人に衝突。急ブレーキの音を聞いて交番から警察官が来て、事故調査。保険や慰謝料などはスムーズな交渉に入れるらしいので、まだよかった部類に入るだろう。

その友人は自転車の走行について「信号は守らない、歩道を恐ろしいスピードで走るなど。背景には自転車が増えていること。ママチャリでないスポーツタイプやマウンテンバイクが増えていること。車道を走る原則と歩道の一部を走っても良いという曖昧な規則等々」が事故多発の原因だと言っています。

ちなみに私は67歳。友人も同年でこれからますます高齢者と自転車の事故が増えることが予想される。

改めて自転車運転手のマナーの向上と、歩行者の万全な注意を促したい。

        大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2013年10月03日 11:18 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)