ホーム > 大竹広明の目 > 2014年2月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2014年2月」一覧

2014年02月26日

真央ちゃん

誰でもが思っているし、書いてもいるので、あえてここで書かなくてもと思うのですが、やはり書きました。

ソチオリンピックが終わり、日本選手はそれぞれのベストを尽くして帰国しました。メダルを取った選手、惜しくも取れなかった選手、みんなに拍手を送りたいと思います。

劇的な競技を見せてくれた選手の中で、印象的だったのはやはり真央ちゃんでした。ショートプログラム、フリー演技の二日間で、彼女は「日本の真央ちゃん」から「世界の真央ちゃん」になりました。日本外国特派員協会で会見に招かれたのは、ほかのメダリストではない真央ちゃんでした。

ベストを尽くした選手に、この4年間に人知れぬ努力をしてきた選手に、だれも揶揄や、まして批判はできません。温かくお迎えしましょう。

           大竹広明

カテゴリー: スポーツ

投稿者: president | 2014年02月26日 08:10 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年02月18日

こたつ

世帯における「こたつ」所有率は、北海道が最下位という調査結果が新聞に掲載された。全国平均が48%に対して北海道は23%、沖縄でさえ30%だということだ。北海道は寒さ厳しく、家全体を暖める暖房が完備していることが理由らしい。

他の国の様子は詳しくないがおそらく「こたつ」は日本人の発明だろう。省エネにはもってこい、頭寒足熱にも理がかなっている。

我が家も「こたつ」を愛用している。雪景色を見ながらお鍋をつついたり、ミカンを食べたりするのは日本人の原風景だ。

ただ一つの欠点はぬくもりに安住して、活動的でなくなることです。

         大竹広明

カテゴリー: 家事

投稿者: president | 2014年02月18日 08:12 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年02月13日

ピーポ君

深夜、サイレンの音で目を覚まされることがある。どこかで火事だろうか。この寒空に火災にあった人たちは大変だろう。消防車の「ウ~ウ~」という音は不安を掻き立てる不気味な効果がある。

昔は救急車もパトカーも、同じようなサイレン音だったような気がする。今では救急車は「ピーポピーポ」だし、パトカーは「ウァウウァウ」と鳴らして識別できる。

ところで警視庁のピーポ君の語源はなんだかご存知ですか。私は漠然とパトカーの警報音だと思っていましたが、「ピープルズポリス」の略だそうです。

    大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2014年02月13日 08:25 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年02月10日

外国人観光客

銀座通りを歩くと中国語や韓国語が耳に入るようになってきた。

娘家族が京都にいるので、行くたびにタクシーの運転手さんに外国人観光局の入りを聞くことにしている。リーマンショック、東日本大震災を乗り越えて、元に戻ってきたそうだ。昨年後半からは中国人も増えているらしい。

日本は素晴らしい国だ。四季、風光、清潔、おもてなし、外国人は母国に帰って日本の魅力を大いに広めてもらいたい。

もちろんトップ外交も大事だが、民間の信頼関係がギクシャクした二国間の修復に役立つことと信じたい。

         大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2014年02月10日 15:33 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)