ホーム > 大竹広明の目 > 2014年4月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2014年4月」一覧

2014年04月30日

駅のエレベ-タ-

前回に続いて駅編。今日はエレベーターです。

バリアフリーの進展で駅にもエレベーターが設置されました。ただその利用方法について意見があります。

人間の器官は使わなければ退化してしまいます。脳も、内臓も、四肢や筋肉も然り。だからというわけでもないのですが、駅ではなるべく階段を使うようにしています。

エレベーターは階段を使うことが困難な、お年寄り、身体の不自由な方、大きな荷物やベビーカーを引いた方のためにあるのだと思います。ところが元気溌剌の若者が荷物も持たないのにエレベーターに乗り込む姿はよく見かけるのです。

「空いていればいいじゃないか」と言われそうですが、せっかくの運動の機会を自ら放棄しているのは、何とももったいないことだと思います。

        大竹広明

カテゴリー: 生き方

投稿者: president | 2014年04月30日 08:13 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年04月18日

駅のトイレ

浜松町駅のトイレに「いつもきれいにご利用いただきありがとうございます」との張り紙がしてある。昨日天王洲アイル駅でも見かけた。

この言葉の裏には「汚さないで使ってね」との意味があることは日本人なら誰でも知っている。日本語を読めても外国人にはなかなか理解できないメッセージかもしれない。

ストレートに表現しなくても真意が伝わる文化、俳句などはその典型だろう。わが国には「行間を読む」との言葉もある。

Eメールやツイッターは新しい文化を育んだかもしれないが、奥ゆかしいこんな伝統文化は大切にしたいものだ。

       大竹広明

カテゴリー: 生き方

投稿者: president | 2014年04月18日 08:49 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年04月09日

駅のエスカレーター

このブログで何回か触れたのですが、改めて最近の思いを綴ります。

昨年からJR東日本ではエスカレーターでは歩かないキャンペーンをしていますが、一向に改善の兆しはありません。毎日行っていたアナウンスも最近は聞かれなくなりました。

エスカレーターでの歩行を禁止するのは、安全面が第一だと思います。そのほかにも輸送効率の向上も見逃せません。

それは歩く人のために右側1列をあけているからです。これだけで輸送効率は半減してしまいます。右側をあけるためにラッシュ時には長い行列ができてしまい、歩く人のほんの10秒程度のスピードアップのために、何10秒も待たざるを得なくなるのです。

日本人の多くの美徳の中で、決められたことはきちんと守るというのがありましたが、規則を守らない自転車と同様、エスカレーターでも美徳が崩れてしまうのかと思うととても残念です。

       大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2014年04月09日 08:07 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年04月03日

桜の季節

通勤電車では本を読んでいる。しかしこの時期は別だ。乗車駅から駅間ごとに、右に左に満開の桜を拝むことができる。こんなにも桜木が多かったのかと改めて思う季節でもある。この冬は大雪でダメージを受けた桜も多かったが、見事に花をつけた。

日照時間も日に日に増え、新入生、新人社員が新しい夢をいだいて活動する季節。

日本のこんな風景。外国人にもたくさん見ていただきたい。

         大竹広明

カテゴリー: 生き方

投稿者: president | 2014年04月03日 07:59 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)