ホーム > 大竹広明の目 > 2014年7月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2014年7月」一覧

2014年07月30日

行列店

東京駅は夏休みの家族連れでごった返している。普段行列ができるお店はなおさらだ。こんなお店も流行りがあるらしい。以前長い行列ができていたカリント屋さんは最近はそれほどでもない。代わってポップコーン屋さんがすごい人気だ。お菓子屋さんばかりではなく飲食店もすごい列をなすお店がある。さぞおいしいのだろうなと思う反面、食べてみたらそれほどでもなかったと聞くこともある。

自分は味についてはさほど繊細ではないし、評判のものをゲットする趣味もないので行列することはしない。人生の楽しみを自ら放棄していると馬鹿にされることもあるかもしれない。

        大竹広明

カテゴリー: 生き方

投稿者: president | 2014年07月30日 10:11 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年07月22日

米国の陪審

米国の陪審が、夫がタバコによる病で死亡したという妻の訴えに対して、タバコ製造会社に2兆3900億円の懲罰的賠償、妻に17億円の賠償支払いを命じる判断を下したとのことです。

陪審とは日本の裁判員制度と同じく、一般国民が陪審員になって有罪無罪を審議するものです。こんな法外な結論を出されては、地球上からメーカーはおろか、資本主義そのものが成り立たなくなる恐れがあります。どんな経済的行為も、訴えによっては途方もない責任を負わされることになるからです。

当然、上級審で争われることになると思いますが、アメリカの訴訟社会の怖さを垣間見た気がします。

ちなみに亡くなった夫は13歳から喫煙していたということです。

         大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2014年07月22日 14:20 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年07月10日

誠実

昨年10月にアメリカの農業従事者が穀物の中に誤ってスマートフォンを落としてしまい、日本に輸出されました。半年以上たった今年の6月に北海道の製粉場で発見され、アメリカに返送、無事持ち主の手元に戻ったそうです。

持ち主は娘の結婚式が写っていた大切なスマホが戻ったことに大感激、というニュースを読みました。

作為的に他国を貶めようとの外交戦術をよく耳にしますが、日本人のこのような優しさが徐々に浸透して、悪意あるプロパガンダを意味のないものにしたいものです。

        大竹広明

カテゴリー: 報道

投稿者: president | 2014年07月10日 08:22 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年07月01日

提案

外国人の日本への年間訪問数が昨年1千万人を突破したそうで、まことに喜ばしいことです。次の目標は2千万人ですが2020年の東京オリンピックパラリンピックには3千万人に近づくかもしれません。

外国人観光客の訪日は、輸出入に並ぶ大きな柱に育ってほしいものです。

日本には北海道から沖縄に至るまで、四季に富んだ自然、伝統文化、近代都市など魅力にあふれた国です。今まではせっかくの資源を使いきれていなかったきらいがあります。

そこで一つ提案。わが国の自然遺産に各地の温泉があります。特に自然の中の露天風呂は日ごろのストレスや、都会で汚れた垢を洗い流すにはもってこいです。地方では男女混浴もあります。

男女混浴は日本人でも躊躇します。まして外国人には到底受け入れられないでしょう。そこで、全国一斉に男も女も水着着用を義務付けたらいかがでしょう。夫婦もカップルも男女グループも相方の時間に気兼ねなく温泉を楽しむことができるでしょう。テレビでは外国の水着着用のスパがよく紹介されますが、これならば外国人も気兼ねなく日本の温泉を楽しむことができると思うのですが。

      大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2014年07月01日 13:17 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)