ホーム > 大竹広明の目 > 2014年07月 > 提案

会長ブログ「大竹広明の目」

2014年07月01日

提案

外国人の日本への年間訪問数が昨年1千万人を突破したそうで、まことに喜ばしいことです。次の目標は2千万人ですが2020年の東京オリンピックパラリンピックには3千万人に近づくかもしれません。

外国人観光客の訪日は、輸出入に並ぶ大きな柱に育ってほしいものです。

日本には北海道から沖縄に至るまで、四季に富んだ自然、伝統文化、近代都市など魅力にあふれた国です。今まではせっかくの資源を使いきれていなかったきらいがあります。

そこで一つ提案。わが国の自然遺産に各地の温泉があります。特に自然の中の露天風呂は日ごろのストレスや、都会で汚れた垢を洗い流すにはもってこいです。地方では男女混浴もあります。

男女混浴は日本人でも躊躇します。まして外国人には到底受け入れられないでしょう。そこで、全国一斉に男も女も水着着用を義務付けたらいかがでしょう。夫婦もカップルも男女グループも相方の時間に気兼ねなく温泉を楽しむことができるでしょう。テレビでは外国の水着着用のスパがよく紹介されますが、これならば外国人も気兼ねなく日本の温泉を楽しむことができると思うのですが。

      大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2014年07月01日 13:17 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)