ホーム > 大竹広明の目 > 2014年10月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2014年10月」一覧

2014年10月31日

日本人の自信

文部科学省所管の統計数理研究所の国民性調査で、興味ある結果が発表された。

他人のために役立とうとしている人(利他的)の割合が初めて、自分のことだけを考える人(利己的)の割合を上回った。1978年には利他的の人がわずか19%だったが年々上昇し、最新の調査では45%になった。

また日本人を礼儀正しい、親切、勤勉、心豊かと思う人が急上昇して、もう一度生まれてもまた日本にという人の割合がなんと83%になった。

専門家は東日本大震災のあとの助け合い、思いやりが大きく影響したと評価しているが、東京オリンピック誘致成功も大きなポイントになったと思う。

高度成長のあとバブルが崩壊して日本人は自信を失ったようだが、この点でもまた自信を取り戻しつつあるように見える。

ただ一点。先人たちの努力によって住みやすく、幸福な国土を築いてきたのだが、あまりの居心地の良さに、海外雄飛の夢や、新しいものに挑戦、開発していく力が損なわれてしまうことを危惧するものです。

        大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2014年10月31日 09:40 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月14日

ネクタイ

10月に入ったのに電車内のビジネスマンはノーネクタイだ。日本のうだるような暑さには首を絞めつけるネクタイはふさわしくない。省エネ機運の高まりもあって、夏場のクールビズは定着した。

年の半分近くノーネクタイで過ごすため、ネクタイの売り上げも大幅ダウンしたことと思う。ネクタイ業界にとっては大変なことだ。一階の最も良い場所に位置していたデパートのネクタイ売り場も、最近は上階に追いやられている。適度な価格、いくつあっても邪魔にならないなどの理由で男性へのプレゼントとして定番だったのに。

ビジネスマンの数少ないおしゃれポイント、個性を主張できるネクタイ。省エネ賛成派の私でもどこかさびしい気がする。

          大竹広明

 

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2014年10月14日 16:36 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月09日

サマータイム

日本もサマータイムを導入すべしという議論が、時々盛り上がるが、最近は聞かない。欧米先進国のほとんどは夏の期間、サマータイムに移行するが、なぜ日本は導入しないのだろう。

「労働強化につながる」とか「家の何十もの時計を年に二回も時刻調整するなんて」という反対意見もあるが、エネルギー削減や排出ガス抑制のために大きな効果があるはずだ。

       大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2014年10月09日 08:06 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)