ホーム > 大竹広明の目 > 2014年12月 > 白内障その後

会長ブログ「大竹広明の目」

2014年12月16日

白内障その後

2年半前に白内障手術をしました。最近手術した目が霞むようになり、遠くのものが見づらくなりました。町で知人と会っても近づかないとわからない有様でした。

先週手術後の定期検診の時に診てもらいましたら、後発性白内障で水晶体を包んでいる袋に曇りが出る症状だそうです。「外来で手術できますので今日これからレーザーを当てましょう。」

ということで麻酔薬を点眼して、機械の前に座り頭を固定し約1分間。光の点滅が30回ほど。「無事終了しました。」と信じられないほど簡単に手術は終わりました。

その日は瞳孔を開く目薬をつけていたので、あまりわからなかったのですが、翌日起きて外を見ると、遠くまでよく見えること・・・。昨日までの霞が嘘のようでした。

少し不安があった自動車の運転も心配がなくなりました。

         大竹広明

カテゴリー: 家事

投稿者: president | 2014年12月16日 13:02 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)