ホーム > 大竹広明の目 > 2015年4月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2015年4月」一覧

2015年04月22日

車椅子

電車に車椅子の方が乗ってきました。駅員がホームと電車の間に板を渡して、通過します。渡り終えると駅員は「ありがとうございました」と言いました。車椅子の人は振り向きもせず無言です。

はて、お礼を言うのはどちらのほうなのでしょう。

          大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2015年04月22日 08:02 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年04月14日

白内障手術今度は左目

約2年前右目の白内障手術を受けました。今度は2月に左目の施術をしてもらいました。僕の目は二つしかないのでこれが最後です。

生来の水晶体は遠距離、近距離に自動的に焦点が合うようにできています。ところが人工の白内障用レンズは調節ができません。裸眼で手元に焦点が合うようなレンズを入れていただきましたので、遠くを見るにはコンタクトレンズが必要です。

手術後1か月たって安定したので、新しいコンタクトレンズを作りました。両目とも1.2で処方していただいたので、手元を見るには当然老眼鏡が必要だと思っていました。

出来上がったコンタクトレンズを今日装着してみました。なんということでしょう。遠くはもちろん、新聞も文庫本もよく読めるのです。さすがに株式欄や辞書などの小さな文字は見づらいのですが、普段の生活にはさして不便は感じません。

なんだか得した気分です。

        大竹広明

 

 

カテゴリー: 家事

投稿者: president | 2015年04月14日 14:31 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年04月01日

おもてなし

東京オリンピックパラリンピックの招致プレゼンで滝川クリステルさんの言った「お・も・て・な・し」が評判になっています。語源は「モノを持って成し遂げる」とか「表裏のないこと」などといわれていますが、次のような解釈はいかがでしょうか。

おもてなしは「思ってなし」「思ってもなし」。つまりおもてなしをする方からは、「定型でなく心から自然に発する所作。見返りを考えていない仕草」。おもてなしを受ける方からは、「思いがけないサービス。想定外の親切」。というふうに、お互いが思ってもいない心の内からにじみ出る応対ととらえるのが、おもてなしの極意だと思うのですがいかがでしょうか。

         大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2015年04月01日 08:12 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)