ホーム > 大竹広明の目 > 2015年04月 > 白内障手術今度は左目

会長ブログ「大竹広明の目」

2015年04月14日

白内障手術今度は左目

約2年前右目の白内障手術を受けました。今度は2月に左目の施術をしてもらいました。僕の目は二つしかないのでこれが最後です。

生来の水晶体は遠距離、近距離に自動的に焦点が合うようにできています。ところが人工の白内障用レンズは調節ができません。裸眼で手元に焦点が合うようなレンズを入れていただきましたので、遠くを見るにはコンタクトレンズが必要です。

手術後1か月たって安定したので、新しいコンタクトレンズを作りました。両目とも1.2で処方していただいたので、手元を見るには当然老眼鏡が必要だと思っていました。

出来上がったコンタクトレンズを今日装着してみました。なんということでしょう。遠くはもちろん、新聞も文庫本もよく読めるのです。さすがに株式欄や辞書などの小さな文字は見づらいのですが、普段の生活にはさして不便は感じません。

なんだか得した気分です。

        大竹広明

 

 

カテゴリー: 家事

投稿者: president | 2015年04月14日 14:31 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)