ホーム > 大竹広明の目 > 2015年11月 > 高齢者講習受講

会長ブログ「大竹広明の目」

2015年11月27日

高齢者講習受講

昨日、運転免許の高齢者講習に行ってきました。12時30分からみっちり3時間。たぶん警察から指導されているのでしょう、実技を含めて時間いっぱい有効に使った講習でした。

まず、最近改訂された法令の解説、次に適性検査。視野の範囲、動体視力、暗部での視力測定。運転シュミレーターによる反応速度、正確性の検査。自身の検査数値と同年輩の平均値との比較、若者の平均値との差異などを自覚させるためのものです。

続いて運転コースに出ての実技講習。AT車を使います。3人一組になって1台に乗車。前輪を縁石に乗り上げすぐにブレーキ、外周、クランク、バックで車庫入れ、信号、一時停止、右左折の安全確認など、簡単な操作です。私は3人目だったのであらましわかっていたので気楽に運転してきました。結果は3人とも良好とのことで、講習室に戻りビデオを見て3時間が過ぎました。

高齢者講習は、不適格者の免許更新を拒むものではなく、加齢による身体能力の劣化を自覚させて、より安全な運転を促すものです。もしかしたら運転に自信のない人の免許返上を促進する狙いもあるかもしれません。なお70歳を超えた人の更新は3年間だそうです。講習料5600円でした。

         大竹広明

カテゴリー: 家事

投稿者: president | 2015年11月27日 09:27 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)