ホーム > 大竹広明の目 > 2016年2月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2016年2月」一覧

2016年02月24日

和時計

山本七平の著作「日本人とは何か」で和時計に触れている。1日は24時間が一般的だが、江戸時代のわが国では、日の出から日の入りまでと、日の入りから日の出までを6等分して時刻を認識していた。電気のない時代は太陽とともに日常生活があったからだ。

春分、秋分の頃は問題ないが、夏や冬は昼と夜の時間か違うので6等分した一時(いっとき)の長さも変わってくる。この厄介な時の管理を和時計は見事に行っていた。

時の進み方は回転する分銅で調節したが、これを昼用と夜用に分けてそれぞれ回転する周期を変えられるようにした。さらに日が暮れると自動的に夜の分銅にバトンタッチできるように工夫されていた。

江戸時代には他にもからくり人形など、職人の手で精巧な機械が実用化されていた。明治維新で西洋の科学技術が流入しても、それらを直ちに受け入れ日本流に転用できたのは、まさに江戸時代の時計職人などの技術蓄積があったため、と山本七平は書いています。

         大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2016年02月24日 08:28 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年02月10日

正座

数年前に膝関節症を患ってから、正座ができない状態になっている。普段の生活には差し障りがないのだが、茶席や日本間でのかしこまった場合は困る。これは私の同年輩の人にも多く、旅館や料亭の会食場も畳に椅子・机が増えているのは日本人に正座が苦手な人が増えてきたことの証左であろう。

私が小さい時と比べて普段から座敷に座る生活が減っているのは確かだ。そのために膝の筋肉が弱って正座ができなくなったのだろうか。これに対して、茶道の師匠でも膝を痛めている人が多いということを聞くと、どうもそれだけが原因ではないような気がする。

一方で膝の屈伸を必要とする和式便器が減ってきた。家庭でも公共のトイレでも洋式便器が増えて、しゃがむ姿勢をとらなくなってきた。膝に対しては正座もしゃがみも大して変わらない姿勢だ。

どなたか原因をご存知の方は教えてください。

        大竹広明

カテゴリー: 生き方

投稿者: president | 2016年02月10日 07:57 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年02月01日

国益

甘利経済再生大臣が辞任した。ある建設会社との金銭疑惑をジャーナリズムが取り上げ、野党が追及した騒動に自ら断を下した。

TPP署名式、関連法案の審議を控え、この時期にキーマンの甘利氏を引き摺り下ろすことは果たして国益にかなっているのだろうか。

辞任に当たり省庁幹部に挨拶し「日本の役人は世界一優秀だ。これまで首相が目まぐるしく交替し政策が一貫していなかった。安倍政権では残された課題をすべて解決する。みなさんの力で支えてほしい。」との発言をしたと報道された。辞任にあたって幹部職員への挨拶を伝えることは珍しい。

マスコミがこのような報道をしたことが唯一の救いに、私には思える。

         大竹広明

カテゴリー: 政治

投稿者: president | 2016年02月01日 08:17 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)