ホーム > 大竹広明の目 > 2016年3月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2016年3月」一覧

2016年03月23日

甲子園ネット裏

選抜高校野球が真っ盛り。春も夏もNHKが全試合放送している。そのテレビによく映るネット裏の前三列ほど、中高年の常連がいつも座っている。最近のテレビは解像度が高いので、毎試合同じ人たちが特等席を占めているのがよくわかる。最初は高校野球関係者かと思ったが、単なるファンだという。高校野球好きが集まって、グループを作り、前日から並んだ人が後からやってくる仲間に席をとってしまうらしい。球場側では他の人のための席取りはやめてほしいと言っているが、聞く耳を持たないらしい。

それがこの選抜から景色が変わった。ネット裏の一番目立つ席には中学生か、そろいのユニフォームを着た子供がずらりと観戦している。試合が変わるたびにこの子たちも変わる。どうやら球場側が野球を目指す子供たちに良い席で見てもらおうとの配慮をしたのではないだろうか。

それにしても例のおじさんたちはどこで観戦しているのだろう。1回戦から決勝戦まで真夏でも欠かさず観戦する熱意は大したものだ。なんとなく気になる人たちです。

        大竹広明

カテゴリー: スポーツ

投稿者: president | 2016年03月23日 08:02 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年03月16日

トラブルの予感

自転車の無謀運転が目立っている。赤信号お構いなしに、横断歩道を渡る人の間を縫って通り過ぎる。年齢、男女問わず信号無視する。目の前を通るときは「赤信号ですよ!!」と言う。たいていは無視されるが、中には目をむいて怒りの表情を表す人もいる。

そのうち接触してけがをするか、「この頑固ジジイ」と言われて殴られる予感がある。

          大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2016年03月16日 11:46 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年03月04日

自動運転

車の自動運転が実証実験段階になってきた。

半世紀前、私は公道で自動運転車を発見した。前を走る車に運転者がいない。助手席には人の頭が見えるのだが、運転席には誰もいない。そして道のカーブに沿ってハンドルもまわっている。

気になって、横に並んでみた。よくよく見ると、助手席に乗った人がベンチシートに体を寝かせ、足を延ばして運転席のペダルを操作。オートマチック車ではなく、ハンドル脇のチェンジレバーも手を伸ばして操作している。

やがて道が混雑してきたので、普通の運転スタイルに戻った。

今は見かけない、メーカーからディーラーに新車を運ぶ陸送車ドライバーのいたずらでした。

       大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2016年03月04日 11:24 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)