ホーム > 大竹広明の目 > 2016年03月 > 自動運転

会長ブログ「大竹広明の目」

2016年03月04日

自動運転

車の自動運転が実証実験段階になってきた。

半世紀前、私は公道で自動運転車を発見した。前を走る車に運転者がいない。助手席には人の頭が見えるのだが、運転席には誰もいない。そして道のカーブに沿ってハンドルもまわっている。

気になって、横に並んでみた。よくよく見ると、助手席に乗った人がベンチシートに体を寝かせ、足を延ばして運転席のペダルを操作。オートマチック車ではなく、ハンドル脇のチェンジレバーも手を伸ばして操作している。

やがて道が混雑してきたので、普通の運転スタイルに戻った。

今は見かけない、メーカーからディーラーに新車を運ぶ陸送車ドライバーのいたずらでした。

       大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2016年03月04日 11:24 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)