ホーム > 大竹広明の目 > 2016年5月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2016年5月」一覧

2016年05月25日

トイレットペーパー

最近トイレットペーパーのホルダーは2連式のものが多い。1本だと使い切ってしまい、補充に困ることがあるが、2連式だとその心配がない。

ところで2連式で残りが多いほうを使うか、少ないほうを使うか、それともそんなことは考えたこともないか。私は必ず残りの少ないほうを使うことにしている。中途半端なものは使い切り捨てて、在庫を切らさぬよういつも安心していたい性格によるのかもしれない。

倉庫営業はお客様の在庫品を扱って保管料をいただくのが基本で、在庫が多いほうが保管料も多くなる。無駄な在庫でも多ければ売り上げも増える理屈だ。

短期的にはその通りでも、お客様は無駄な経費はかけたくない。そこでお客様にとって適正在庫量を管理させていただくのが、お取引先との信頼関係を継続する大きな要素になる。

一見、関連のないようなトイレットペーパーの使い方が営業倉庫の管理に通じるというお話でした。

       大竹広明

カテゴリー: 会社

投稿者: president | 2016年05月25日 08:40 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月23日

駅の警察官

伊勢志摩サミットが間近になって、駅の警察官が目立つようになった。「警備してくれるので安心です」と心の中では思っていても、なかなか口には出して言えない。せめて「おはようございます」と挨拶する程度で真意を表している。

        大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2016年05月23日 08:24 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年05月12日

いじましいか?

タレントの岡江久美子さんがテレビでこんなことを言っていた。

「歯磨きのチューブは使い切ったと思ってもまだ残っている。私なんか二つに切って中身をこそぎ取って最後まで使う」と。

それ以来私も実行している。最低でも4回分くらいはまだ使える歯磨きが残っているものだ。

ホテルや旅館に宿泊すると、使い捨ての歯ブラシがついている。小さな歯磨きチューブがついていて、夜と朝使ってもまだ中身が残っている。そこで私はいつも残りのチューブをもらってきて、昼食時の歯磨きに使っている。

これって「いじましい」のでしょうか。

昔、バス旅行で配られた折詰弁当のふたについたご飯粒を、お箸でとって食べた子がいた。お母さんは「みっともないからやめなさい」と叱ったが、私にはとても素敵な仕草に見えました。

        大竹広明

カテゴリー: 家事

投稿者: president | 2016年05月12日 12:49 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)