ホーム > 大竹広明の目 > 2016年11月 > 懐かしい日本語

会長ブログ「大竹広明の目」

2016年11月18日

懐かしい日本語

昨日大型電気店に行って小さな部品を買いました。売り場が広いので女性店員に探しているものを告げたら、すぐに案内してくれました。目的のものはすぐに見つかったのですが、なんとなく日本語のイントネーションが違うので外国の方だと思いました。「日本語がお上手ですね」と言ったらその店員はなんと答えたでしょう。

「恐れ入ります。」ーーー今どきの若い日本人がこんな言葉を使えるでしょうか。

        大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2016年11月18日 09:32 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)