ホーム > 大竹広明の目 > 2017年3月

会長ブログ「大竹広明の目」

「2017年3月」一覧

2017年03月24日

国会の審議

一学校法人のことで国会が大騒ぎだ。小学校の許認可、国有地の払い下げ、あげくは首相からの寄付など法令に違反していないことにまで言及している。学校側と政府側の言い分が異なるのは、どちらかが虚偽の説明をしているからだろうが、その場に居合わせたのでもない私には是非を論じることもできない。

今、国会は次年度の予算策定の重要な時期にさしかかっている。国の主要な政策である国防・外交・経済など我が国の行く末を審議する大切な通常国会だ。国民の代表として選ばれた国会議員は、自覚を持ってこの国の将来について深く高度な審議をしてもらいたい。

         大竹広明

カテゴリー: 政治

投稿者: president | 2017年03月24日 08:14 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年03月15日

民主主義

昨年6月、国民投票で英国がEU離脱を決定した。残留派のキャメロン首相は辞任し、次にメイ首相が離脱の実務を担うことになった。ここで驚いたのはメイ首相がやはり残留派だったことである。自己の主張と反対の政策の舵取りができるものだろうか。

しかし考えてみれば、過半数の民意に基づき政治を司るのが民主主義国家の政治家の使命だ。メイ首相は忠実に民意を履行していることになる。議会制民主主義発祥の地である英国では当たり前のことなのだろう。

翻ってわが国の国会はどうだろう。国民の過半数の信任を受けた与党の発議に対して、野党は強行採決反対といって審議に応じない場面がある。十分な審議を経て採決されるなら民主主義の原則に従って粛々と国政を運営すべきである。

ちなみに英国や米国では「強行採決」に該当する言葉はないそうだ。

          大竹広明

カテゴリー: 政治

投稿者: president | 2017年03月15日 08:26 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年03月14日

8888円

駅の改札口でスイカをかざしたら、残金が8888円でした。続いて後ろを通った娘が見つけたものです。同じ番号が4ケタも並ぶのは珍しいと思って計算してみました。

4ケタの数字が並ぶのは9999通りあります。その内同じ数字が並ぶのは1111から9999まで9通り。9999分の9通り、すなわち1111回改札口を通ると1回は同じ4ケタの数字が並ぶということになります。毎日往復、電車に乗るとして一年で730回となりますから、約1年半でいずれかの4ケタの同じ数字が並ぶ計算になります。

毎日定期券を使っているので、定期経路以外の乗車は月に20回程度という人では、4年半に1回の確立になります。

ただし8や7など特定の数が現れるのはさらに9倍の40年半に1回ということになりますから、これは一生に一度あるかないかの珍しいことになるのでしょう。

珍しいからと言ってそのままにしていたら便利なスイカの意味がないので、昨日使って8723円になってしまいました。

        大竹広明

カテゴリー: 家事

投稿者: president | 2017年03月14日 08:37 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)