ホーム > 大竹広明の目 > マナー

会長ブログ「大竹広明の目」

「マナー」一覧

2018年01月19日

トイレの掲示

駅や公共のトイレで「いつもきれいに使っていただきありがとうございます。」の掲示を時々見かける。日本人なら文章の裏を読んで、きれいに使うことを促していることがわかる。

外国人ならどうだろう。「ワタシこのトイレを初めて使ったのにナゼほめられるのだろう。」とか、「ダレに対して言っているのだろう。」といぶかしげに思うかもしれない。

「人に注意するときに婉曲に表現し、自省を求める。」こんな習慣を日本人は尊んできた。相手を思いやりストレートな表現を避ける風習。世界に広まれば、いさかいも少しは減るだろうに。

        大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2018年01月19日 12:25 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月10日

無謀な運転

東名高速でちょっとした言いがかりで追い越し車線をふさがれ、トラックに追突され夫婦が亡くなった事故があった。この事故で思い出した記憶がある。

その坂道は往復2車線で、登り道には遅い車が後続の車に道を譲るための退避車線が4か所ほどある。前の車が退避車線に入ったので追い越そうとしたら、その車は急に速度を上げて本車線に入ってきた。こちらは反対車線に押しだされそうになったので追い越しをあきらめた。そのあとその車はゆっくりゆっくり走る。次の譲り合い個所でも退避車線によったが、こちらは我慢して後ろにつけた。そのあとも同じような状態でとろとろ走り、やっと頂上付近で脇道に入った。こちらもその方向に目的地があるのだが、どんな嫌がらせをされるかわからないので、そのまま次の分岐点まで走り坂道を降りた。

思い当たる点と言えば、坂道に入る前の2車線道路で、登りにかかる前に遅い車を抜かそうとしたが道は1車線になり断念したことぐらい。おそらくその意趣返しで嫌がらせをされたのだと思う。

今度の事故を知って、つくづく挑発に乗らなくてよかったと思う。

     大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2017年10月10日 15:13 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年07月21日

つり革

電車の座席の前に立ち、つり革につかまった。最初は底の部分につかまっていたが、やがて側面に手の平を伸ばした。ねばりつくような感触。緑色のチューインガムの食べかすがべっとりつり革に付いていた。立っていれば見えない裏側にご丁寧に。

どんな人がこんな真似をしたのか・・・。想像してみた。

         大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2017年07月21日 08:28 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日

居酒屋

昨晩ある居酒屋チェーンのお店に行った。個室だったものの欄間があいていて隣の声が筒抜け。それに加えてタバコの煙が遠慮なく流れてくる。どこかの大学の剣道部卒業生の会合らしく騒音は何とか我慢できるものの紫煙には本当に参った。

三信倉庫は昔から事務所内の喫煙は各自が自粛していたが、同業者の会議では参加者ほとんどがタバコを吸っていたので頭が痛くなった覚えがある。それに比べれば最近の分煙に対する配慮は今昔の思いがする。

帰りがけにレジで聞いたら、禁煙にして失う客よりも喫煙にして来てくれるお客様のほうが多いのでそのままにしているということだった。

時々利用する店だったが、少なくとも一組、この店は常連客を失った。

           大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2016年10月17日 09:03 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年07月21日

gum wand

JRのホームで女性係員が見慣れない機械を持っているのを見つけた。

ステッキほどの長さで20センチ角程度の直方体のステンレス箱がついている。側面にGUM WANDと書いてある。

「それはなんですか」と尋ねると女性は嬉しそうに「ガムを取り除くものです」と答えてくれて、ホーム上のチューインガムがこびりついた黒い汚れを取る仕草をしてくれた。便利な機械があるものだ。

女性には「不心得者がいますからね」と言いました。

         大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2016年07月21日 15:29 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年06月07日

タバコの吸い殻

よく通る道にヘアーサロンがある。男女の美容師が入れ替わりに道路わきでタバコを吸っている。

申し合わせたように、吸い殻を道路側溝の穴に落としている。側溝の中を見ると吸い殻で一杯。雨水と一緒に吸い殻は地中管を通って下水処理場に行く。下水処理場では川に放流する前にゴミを取り除き、無害な水質にろ過する。

タバコはタール分も含んでいるので相当な負荷だろうに。

            大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2016年06月07日 10:34 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年08月25日

エスカレーター

東京駅でエスカレーターの歩行禁止の放送が聞かれなくなって時間が過ぎた。JR東日本はあきらめたのだろうか。

最近聞いた話では、エスカレーターは本来二人が並んで乗ることを想定して設計されているので、片側だけをあけて利用すると、バランスが崩れて、メンテナンス時に余計な修繕が必要になるということだ。まして片側を歩いたり、駆けて上り下りすると機械のダメージが多くなることは容易に想像できる。

エスカレーターは並んで、歩かずに利用することが輸送効率も上がり、事故のリスクも減り、機械にとっても優しいのだと思う。

エスカレーターを管理する人の苦労がしのばれます。

      大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2015年08月25日 08:07 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年06月19日

不思議な落し物

本社が入っているビルで最近、奇妙な落し物を拾いました。

昨日はエレベーターホールから事務所に入るところのタイルカーペットに、丸めたチュウインガムの食べかす。今日はエレベーターの中で使い終えて丸めた湿布薬。

たまたま落ちたのではなく誰かが意図的に捨てたことは明白です。

憤り半分、情けなさ半分の体験でした。

        大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2015年06月19日 12:59 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年05月14日

一方通行路(その2)

先ほど掲載したブログを読んでいただいた方から次のようなご指摘がありました。

「一方通行路の標識には『自転車を除く』と書いてある」そうです。私は自転車にはほとんど乗りませんので意識してみたことはありませんが、あちらこちらで見かける標識のようです。ただ自転車は道路交通法の「軽車両」に当たりますので、原則では一方通行の逆走はできないというのが私の理解です。

あくまでも「自転車を除く」と書いてあるところは例外なのだと思いますが、いかがでしょうか。

          大竹広明

 

 

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2015年05月14日 15:59 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年05月14日

一方通行路

「道路を横断するときは左右の安全を確認しましょう」幼稚園生でも知っている。ただ今までは一方通行路なら自動車が来る方向を注意していればよかった。ところが最近は様相が変わり、一方通行路でも左右をよく確認しなければ渡れない。自転車が逆走してくるからだ。

高速道路での逆走事故は高齢運転者によるものが多い。しかし自転車の逆走は体力気力充実している(はずの)若者が多い。道路交通法で自転車も一方通行を守らなければならないのを知らないのだろうか。だからと言って歩道を走るのは特別に許可された広い歩道だけなのだ。事故が起きてからでは遅い。自転車利用者のマナー改善を望むところだ。

         大竹広明

カテゴリー: マナー

投稿者: president | 2015年05月14日 12:44 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)