ホーム > 明日への扉 > 2012年08月 > 伝えること。

社長ブログ「明日への扉」

2012年08月24日

伝えること。

先日、お取引先の社長から伺った話です。

 

何かトラブルになった時、「言った」「聞いてない」と食い違うことがよくありますよね。

その時、どうしても伝えた側は、言ったことは憶えているので、聞いていないほうが悪い、

と思ってしまいます。

でもその方はあるとき、「自分の伝え方に問題があるから伝わっていないのではないか」

と考えたそうです。

そのような考えにいたってからは、言葉にして伝えるときに、ただ話すだけでなく、

いかにして自分の意見を伝えるか、を考えることで相手の気持を考えるようになり、

ストレスも減り、実際にそのようなトラブルも激減したそうです。

この会社では、社員の方もそれを実践しており、とてもいいコミュニケーションが取れるようになったそうです。

 

私も、トラブルの時には聞いていないほうが悪いと思ってしまうことが往々にしてあるので、

このお話はとてもはっとして、感銘を受けました。

人間、どうしても自分中心に考えてしまう傾向にあるので、

どうしても自分が正しいと考えてしまうと思います。

でも、コミュニケーションとは何か、伝えることによって何をしたいのか、

ということを考えれば、伝える方に責任があるというのは至極当然のことですね。

 

伝えて、相手に理解されて初めて成り立つコミュニケーション。

この方のように、考え方をガラっと変えられるかわかりませんが、

伝える事の本質を考えながら、少しでも近づいていきたいと思います。、

カテゴリー:

2012年08月24日 10:02 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.loop-mx.co.jp/mt/tb.cgi/1039

コメント