ホーム > 明日への扉 > 2012年10月 > 大きな仕事

社長ブログ「明日への扉」

2012年10月12日

大きな仕事

朝のニュースでやっていましたが、地方公務員が人気だそうです。

というよりも、国家公務員の志望者が減っているそうです。

 

理由は、現場や住民の近くで生の声を聞きながら仕事をしたい、

定時で帰れる、転勤がない、などなど。

 

もちろん、このコーナーの担当者の意図通りに答えた人だけを採り上げていると思うので、

一部の人の意見だと思うのですが、

自分の手で大きな組織やプロジェクトを動かしたい、という人は減ってしまったのでしょうか?

その方がとても魅力的だと思うのですが。

 

国家公務員だとバッシングがひどい、ということもあるでしょう。

確かに、報道されているとおりであれば、とんでもないこともありますが、

私の個人的に知っている国家公務員は、みんないい人ばかりですよ。

これはマスコミの報道の姿勢が、かなり影響していると思います。

 

逆に、先日、当社の社員が話をしにいった地方公務員は、

こちらの話も聞かず、自治体の言うとおりにしろ、という態度だったそうです。

 

民間の力で頑張って、政府はあまり手出しをしない方がいい、とは言っても、

やはり国の行く末の大きな道を作るのは、国家公務員と政治家だと思います。

ここに優秀な人材が集まらないと、国力も落ちてしまうでしょう。

そうしないためにも、優秀な方は小さくまとまるのではなく、

国家公務員など、大きな職業を目指してもらいたいと思います。

カテゴリー:

2012年10月12日 16:54 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.loop-mx.co.jp/mt/tb.cgi/1067

コメント