ホーム > 明日への扉 > 2013年02月 > 雪への備え?

社長ブログ「明日への扉」

2013年02月06日

雪への備え?

先月に引き続き、東京ではまた大雪が降りました、、

という話になりそうでしたが、今回は肩透かしだったようです。

このまま大して積もることなく、止みそうですね。

 

でも、きのうの帰りに、JRの駅の下記の掲示を見て、???となってしまいました。

『明日の朝は大雪が予想されるので、午前中は通常の7割の運転本数になります。』

きのうの夜なので、まだ雨も降っていません。

雨か雪かの判断は難しいとしても、もう雪って決めつけるのは早いのではないか、

せめて、「通常の7割の運転本数になるかもしれません」ではないの?

と思ってしまいました。

 

今だから、結果を知っているから言える、と言われてしまえばそれまでですが、

交通が乱れるような雪が降ったわけではなく、

ラッシュ時は各駅で入場制限がされるなど、大混雑したようです。

 

どうして、その場の状況を見て、臨機応変な対応が取れないのでしょう。

雪が強くなってきたら、本数を間引けばいいと思うのです。

現に私鉄は平常通りの運転をしていたそうです(混雑による遅れはあったそうですが)。

 

国鉄が民営化してまもなく26年。

各所でサービスが良くなり、経営状態も大きく改善したようですが、

根本の考え方は、硬直した官僚型であり、乗客の利便より組織の保身を優先するのではないか、

と勘ぐってしまいました。

カテゴリー:

2013年02月06日 14:00 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.loop-mx.co.jp/mt/tb.cgi/1129

コメント