ホーム > 明日への扉 > 2014年06月 > 燃料電池車

社長ブログ「明日への扉」

2014年06月26日

燃料電池車

きのう、トヨタから燃料電池車の年度内の市販が発表されました。

ほかのメーカーも数年以内に発売するようです。

 

原理として、走行にともなって水しか排出しないので、

報道などでは「究極のエコカー」などと言われていました。

まぁ、以前から発売されている電気自動車も排出するものはないので、

究極という言葉を使うのがふさわしいとは思えませんが。

 

いずれにしても、環境面のほか、この分野における日本の技術はずば抜けて高いようで、

日本の産業の面においても成長を期待したいと思います。

あとはガソリンスタンドに代わる水素ステーションの普及だそうですね。

こちらも足並みを揃えて整備が進んでくれればと思います。

 

ところでこの燃料電池車、燃料は水素と空気中の酸素ですが、

水素の生成過程で生じるものはどのようにするのでしょうか。

報道では石油や天然ガスから取り出すと言っていましたが、

科学的な構成からして炭素が出てくるはずです。

車からは二酸化炭素が排出されないけど、水素生成の過程で排出される、

ということではほとんど意味がありません。

普及を進めるためには、この点について知っておく必要がありそうです。

カテゴリー:

2014年06月26日 11:15 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.loop-mx.co.jp/mt/tb.cgi/1237

コメント