ホーム > 明日への扉 > 2014年07月 > 国際協調と紛争

社長ブログ「明日への扉」

2014年07月30日

国際協調と紛争

先ほどのブログと続きますが、

きのう、若田宇宙飛行士が帰国されて、各局のテレビ番組に出演されていました。

私はその中の1つを見たのですが、

宇宙ステーションのクルーは、若田さん以外アメリカ人とロシア人だったそうです。

 

地上ではアメリカとロシアとが、ウクライナを通して対立しています。

地上でのにらみ合いに対して、宇宙ステーションで領国のクルーをどのようにまとめていたのか、

という質問があった時に、若田さんは、

「この国際宇宙ステーションというのは、国際協調を目的として各国が活動しているものだ。

その目的を見失わなければ、対立は起こらない。」

という趣旨のことをおっしゃっていました。

 

当初の目的というのは、進めていくうちに手段によって忘れられがちですが、

壁に当たった時には、最初の目的に立ち戻って考えることが重要だと思うとともに、

地上でも国際協調というのは、冷戦終了後の現代のおいて重要だということは、

(一部には違う人がいるかもしれませんが)誰もが賛成だと思うのですが、

どうしても初心まで立ち返れないようです。

ウクライナ、イスラエルのニュースを見るたびに、

とても残念に思います。

カテゴリー:

2014年07月30日 16:24 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.loop-mx.co.jp/mt/tb.cgi/1247

コメント