ホーム > 明日への扉 > 2014年11月 > ハッピーマンデー制度

社長ブログ「明日への扉」

2014年11月06日

ハッピーマンデー制度

突然のニュースのように思えましたが、

いわゆるハッピーマンデー制度によって7月の第3月曜日となった海の日を、

もとの7月20日に固定しようという動きがあるようです。

 

なぜ海の日だけ取り上げられるのかはわかりませんが、

これを機会にハッピーマンデー制度を調べてみたところ、

意外に4日(成人の日、海の日、敬老の日、体育の日)しかないのですね。

感覚としては、もっと多いように思っていました。

 

このハッピーマンデー制度、観光業界などには大きなメリットがあると思いますが、

全体で考えると、歪(いびつ)ではないでしょうか。

そもそもの祝日の意味も、日を変えることによって失われてしまいますし。

例えば体育の日は、晴れの特異日を狙って制定(東京オリンピック開会日)にしたそうです。

でも月曜日にずれてからは、逆に雨が多いような気がします

 

学校の月曜日の時間割、習い事、定休日など、どのように対応しているのでしょうか。

私感ですが、連休よりも週の中に休みがある方が、オトク感があるような気がします(笑)。

 

ハッピーマンデー制度ができた時、祝日の意義についてはあまり議論されなかったように憶えています。

今回の動きの中で、祝日の成り立ちについても、議論されればと思っています。

カテゴリー:

2014年11月06日 13:46 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.loop-mx.co.jp/mt/tb.cgi/1270

コメント