ホーム > 明日への扉 > 2014年12月 > はやぶさ2

社長ブログ「明日への扉」

2014年12月03日

はやぶさ2

(私の趣味趣向をご存知の方、新幹線やブルトレの「はやぶさ」ではありません。悪しからず。)

 

先ほど、小惑星探査機「はやぶさ2」が、HⅡ-Aロケットによって、

種子島宇宙センターから打ち上げられました。

15時過ぎ、予定通り起動に投入したので、打ち上げは成功です。

 

「はやぶさ」といえば、2010年に予定から大幅に遅れながら無事に地球に帰還した、

というのをご記憶の方も多いと思います。

その後継機の打ち上げです。

今回は、小惑星の表面だけでなく内部の岩石も採取するということで、

無事戻ってくれば、さらに地球や太陽系の研究が進みそうです。

 

前回は通信が何年も途絶えたり、エンジンが故障したりと、まさに満身創痍で帰還して、

それが遅れの原因となるのと、逆に映画にもなるほどの感動を呼びましたが、

今回はその点の強化やバックアップの追加などで、

順調に往復できるように設計したとのことです。

 

予定では地球への帰還は、順調にいったとしても東京オリンピック後の2020年末だそうです。

今度は感動を呼ぶほどヒヤヒヤすることなく、無事に帰ってきてほしいと思います。

がんばれ、はやぶさ2!

 

と同時に、打ち上げに使用されたロケット「HⅡ-A」も、20回連続の打ち上げ成功となり、

成功確率がぐんと高まりました。

これによって宇宙開発の見通しが立てやすくなるだけでなく、

人工衛星打ち上げビジネスにも貢献し、素晴らしい成果だと思います。

また、日本の技術力の高さ、すり合わせの巧みさも示しているでしょう。

 

両方とも師走のはじめに、胸のすくいいニュースでした。

カテゴリー:

2014年12月03日 17:28 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.loop-mx.co.jp/mt/tb.cgi/1278

コメント