ホーム > 大竹広明の目 > 2014年12月 > 投票率

会長ブログ「大竹広明の目」

2014年12月17日

投票率

衆議院議員選挙の投票率、戦後最低だそうですが、これは予想されたことです。有権者の半分しか投票をしていないので、民意を反映していないという人がいますが、果たしてそうでしょうか。

もしも現政権に不満を持っているならば、寒くても雪が降っていても投票所へ向かうはずです。事前から与党の圧勝が報道されていたので、現体制で良かれと思う人は、投票するまでもないということで棄権したのではないでしょうか。棄権した人は不満はあろうとも現体制にしばらくはこの国のかじ取りを任せたのだと思います。

与党が頼りなくて、政権交代を願うなら、もっと選挙戦は白熱して、自ずから投票率も上がるでしょう。政治に無関心だから投票率が低いとの考え方は、国民を馬鹿にする意見だと私は思います。

      大竹広明

 

カテゴリー: 政治

投稿者: president | 2014年12月17日 09:01 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)