輸出入・通関

輸出入業務

~税関許可倉庫で万全の管理体制~

外国貨物は輸出入の諸手続が終了するまで税関から許可をうけた保税蔵置場で保管しなければなりません。城南島流通センターでは東京税関より保税蔵置場の許可を受けており、コンテナ入出庫・保管業務から、輸出入手続きまでトータルに代行いたします。安心してお任せください。

輸出入・通関

輸出入手続について

外国貨物の輸出入手続を行うには外国貨物を保税蔵置場(保税倉庫)に搬入させて諸手続をおこないます。

輸入の場合

保税運送OLT)にて倉庫に到着した外国貨物を海上コンテナよりデバンニングし、保税蔵置場に搬入させ、Sea-NACCSに搬入の実績を入力します。その後、通関業者が輸入申告を行い、関税等の税金を納付して税関より輸入許可を受けます。輸入許可後に国内に貨物を流通させることが可能となります。場合によっては税関検査、見本持出貨物取扱内容点検等の作業、手続が発生する場合があります。)

輸出の場合

輸出予定の貨物を保税蔵置場に搬入させ、Sea-NACCSに搬入の実績を入力します。この時点で外国貨物としての管理になります。その後、通関業者が輸出申告を行い税関より輸出許可を受けます。輸出許可後に海上コンテナにバンニングし、船舶で海外に輸出します。
場合によっては税関検査等の作業、手続が発生する場合があります。


保税蔵置場(保税倉庫)

保税蔵置場は許可制であり、一定の要件を満たした倉庫に対して税関より許可が与えられます。
また、保税蔵置場では一定期間、関税等の税金の納付を留保したまま貨物を保管することが可能です。
城南島流通センターでは東京税関より保税蔵置場の許可を受けており、輸出入貨物(外国貨物)を万全の管理体制でお取扱いいたします。


保税蔵置場の名称:三信倉庫株式会社 城南島流通センター 保税蔵置場
蔵置場コード  :1FWH4

保税蔵置場
保税蔵置場許可書

Sea-NACCS

輸出入手続は電算処理化されており、ほとんどの貨物がSea-NACCS(海上貨物通関情報処理システム)を利用して輸出入手続が行われています。
城南島流通センターではSea-NACCSを導入しております。Sea-NACCSを利用し保税運送貨物、輸出貨物等の搬出入手続、貨物取扱、見本持出等の実績入力をスピーディーに行い、また関連各社との迅速な連携により、お客様の貨物のスムーズな通関にご協力いたします。

Sea-NACCS

外国貨物管理システム

輸入許可前の外国貨物と輸入許可後の内国貨物は別々に在庫数量、入出庫履歴、直輸入許可(IC)・蔵出輸入許可ISW)の履歴などを管理しなければなりません。また同一貨物でも搬入日別、B/L番号別に管理する必要があります。弊社の貨物管理システムでは外国貨物から輸入許可を経て内国貨物になり、倉庫から出庫するまでを一元管理をできるシステムを導入しております。入庫日別に入庫NOを付与する機能はもちろんのこと、数度に渡る輸入許可・蔵出輸入許可の実績入力も可能で、一括で輸入許可の下りない蔵入承認IS)貨物の管理にも適しています。

外国貨物管理システム

通関業務

輸入・輸出関係の諸手続に必要となる通関業務も全て信頼ある通関業者のもと代行いたします。

通関業務

> 輸出入貨物の実績・事例はこちら 

お問い合わせ

海上コンテナ荷役業務

~コンテナを知りつくした倉庫~

海上コンテナは国際貿易における輸送手段として、必要不可欠な存在です。
輸出入貨物の主たる輸送手段である40F(フィート)・20F(フィート)海上コンテナもドックレベラーと広い荷捌場フォークリフトなどの荷役機器をなど利用して、安全かつ効率的に作業が可能です。

東京港の各埠頭から近い倉庫

城南島流通センターでは、大井埠頭、青海埠頭、品川埠頭がすべて10分以内と好立地のため、デバンニング・バンニング作業やデバンオントラ作業を数多く扱っています。

> 城南島流通センターの詳細はこちら 


コンテナ荷扱い

東京港発着でのコンテナ荷扱いは三信倉庫にお任せください。

コンテナ荷役作業に適した設備

  • 40Fコンテナを楽に取り回すことの出来る広い構内
  • 雨に濡れることなく貨物を取り扱う屋内荷捌きスペース
  • コンテナと荷捌きスペースをつなぐドックレベラー

このような設備により、多くのコンテナを安全・迅速にお取り扱いします。

さまざまな貨物にご対応します

様々な国からの多種多様なコンテナ荷扱いを行っています。

また、城南島流通センターでは、保税蔵置場の許可を受けているので、外国貨物のまま搬入することが可能です。

お取扱い実績

洋酒・ビール

洋酒・ビール

ソファ・家具

ソファ・家具

玩具・トランプ

玩具・トランプ

ドラム缶

ドラム缶

ドックレベラー

ドックレベラー


洋酒・食品・家財・機械類や長尺物・ドラム缶など特殊な形状の貨物にもご対応いたします。

他にもご対応させていただきますのでご相談下さい。


デバンニング作業の流れ

港にコンテナが到着~コンテナ輸送(ドレージ)

港にコンテナが到着~コンテナ輸送(ドレージ)
  • 協力通関業者の手配のもと、三信倉庫までコンテナを輸送します。
  • 東京港の各埠頭から近距離にあるので、輸送中の荷崩れリスクを抑えることができます。

三信倉庫に搬入・デバンニング作業

三信倉庫に搬入・デバンニング作業
  • ドックレベラーが4基常設されているので、一度に複数本の荷捌きをすることが可能です。
  • 商品に傷をつけないように丁寧にコンテナ出し作業をします。
  • 扱い貨物に応じて専用の荷役機器を使用します。
三信倉庫に搬入・デバンニング作業

検品・入庫報告

検品・入庫報告
  • 数量を確定させて、入庫報告を発行・送付します。
  • 外装不良がある場合は、写真を撮ってご報告いたします。
検品・入庫報告

保管

保管
  • 貨物に応じた最適な保管方法で大切にお預かりします。
  • ご要望に応じて様々な流通加工を行います。

流通加工業務についてはこちら

  • お客様からの出荷指示が入りましたら、スムーズに出庫作業をいたします。

> 入出庫業務についてはこちら


デバンオントラ作業の流れ

倉庫に保管せず国内流通(デバンオントラ)

倉庫に保管せず国内流通(デバンオントラ)
  • 倉庫の中には保管をせずに、そのままトラックに積みますので、倉庫の保管料金が発生しません。
  • トラックに荷積みして、そのまま納品先へお届けします。

> デバンオントラの実績・事例はこちら


バンニング作業の流れ

保管

  • 保管をしている間、様々な流通加工にも応じます。
  • ご要望がございましたら輸出用のパレットをこちらで手配します。
  • 海上輸送時に荷崩れしないようにパレタイズ作業も行います。

バンニング作業

バンニング作業
  • 熟練のプロが丁寧にコンテナ詰め作業をします。
  • 海上輸送時に貨物が荷崩れをしないようにラッシング作業をします。
  • コンテナ詰め作業後は写真を撮ってご報告します。

コンテナ輸送~国外へ輸出

コンテナ輸送~国外へ輸出
  • 協力通関業者に手配をかけ、コンテナヤードまでコンテナを輸送します。
  • 東京港の各埠頭から近距離にあるので、輸送中の荷崩れリスクを抑えることができます。
お問い合わせ