ホーム > 大竹広明の目 > 2018年06月 > 教育者

会長ブログ「大竹広明の目」

2018年06月20日

教育者

学生チームの悪質なプレイが社会問題になっているのに、コメントすら出さない理事長。詐欺容疑で収監された学園経営者。よりにもよって震災の翌日、急に記者会見を開いた学校法人理事長。

教育機関のトップは、経営もさることながら教育者であるべきで、身をもって学生に模範となる行動・言動が求められる。少なくとも自身の利害を優先してはならない。

これらの人にはモンスターペアレンツを批判する資格はないと思うが、いかがだろうか。

         大竹広明

カテゴリー: 社会

投稿者: president | 2018年06月20日 08:46 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)