ホーム > 明日への扉 > 2014年3月

社長ブログ「明日への扉」

「2014年3月」一覧

2014年03月27日

ウクライナ

忙しさを理由にサボっていたら、1年近く経ってしまいました。

これでは「サボり」ではなく「休止」ですね。

また忙しくなって途切れることもあるかもしれませんが、

できるだけ、時間を見つけて書き始めたいと思います。

 

初っ端が重い話ですが...。

黒海沿岸のウクライナで緊張状態が高まっています。

ロシアのクリミア分割、編入で、冷戦以来の東西対決とも言われています。

冷戦の集結、東側諸国の体制崩壊は、ライブで見ていて時代の節目を感じたものでした。

また、その前の時代に戻ってしまうのは。防がなくてはいけないでしょう。

もっとも、ほとんど報道されていませんが、ウクライナの新体制には、

過激な民族主義の人も入っているようで、とても複雑なようです。

 

さて、これもあまり知られていないと思いますが、

ウクライナには、世界的に知られた人類の負の歴史があります。

チェルノブイリ原子力発電所です。

首都キエフから北に110kmほどのところにあります。

1986年に爆発事故を起こし、北半球全体に核物質が飛び散りました。

当時はソ連邦で冷戦まっただ中。情報が隠匿され、避難が遅れたばかりか、

西側各国の対応も遅れたとのことです。

 

事故後の状態がひどく、核燃料の取り出しも難しいため、

結局そのまま埋めてしまい、上からコンクリートで覆って時が経つのを待っています。

現在では、中央制御室を見学できるツアーなどもあるそうです。

 

原発事故とクーデター、まったく違う出来事ですが、

東西の狭間で起こってしまった残念なことなのかなと思います。

この東西対決、平和裏に終わることを願っています。

カテゴリー:

2014年03月27日 13:22 | パーマリンク | コメント (0) | トラックバック (0)